邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ エイト=ワイズマン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:エイト・ワイズマン
種族:狐憑き
性別:男
年齢:15
一人称:僕/俺
二人称:お前
三人称:あいつ
口調:基本的に生意気
口癖:あんたの値打ちはいくらだろうねぇ
好きなもの:缶詰全般、辛いもの
嫌いなもの:ピーマンなどなど
容姿1:絵を参照
容姿2:156cm、57kg
装備:
戦術:戦術、戦略など存在しない
職業:流離のアルバイター
所属組織:鳳探偵事務所
出身世界:ヒノモト
タイプ:馬鹿
設定:
本名は九重呂 希(くずろ のぞみ)。
セブン=ブギーマンこと九重呂 尚看の双子の弟。
かつて災いを呼ぶとして引き離された兄を追い、ジャキシティへとたどり着く。
しかし、兄は既に亡き人となっていた。

セブンを売った財産で差別階級を抜け出した両親によって、甘やかされて育てられ、傍若無人。
金銭面以外は世間知らずで、どこか精神的にも幼い感じになっている。
しかし親の反面教師なのか、人格までは腐っておらず、兄よりは真っ当な感覚を持つ。
だがそれ故にある日、双子の兄の存在、そして両親が兄にした行いを知り、家を飛び出すこととなる。
金に越えた豚となった両親、兄の人生を弄んだ喰神教会、そして兄に苦しみを与えた全てに対して深い憎悪を抱く。

熱血ヒーローアニメや族系漫画等を好み、ジャキシティについても偏った知識を持つ。
その族漫画も湘南●●組からサム●●ソルジャーまで幅広くカバーしているため、なんか嗜好が滅茶苦茶である。
おまけに兄の真似をしているのか、族漫画の影響か、煙草やパチンコも嗜む。
が、兄ほど器用ではないようで、煙草も割と無理している模様。
その代りに努力家であるのがちょっとタチ悪いっていうか…。

実家への復讐の手段として資金集めを行っているため、守銭奴であったが、最近はそうでもない。
女の子のためだったらポンポン金を使ってたセブンに比べるとまだ常識人化したと言えるかもしれない。

現在は復活したセブンをはじめ、剣、楓火、零、六花らのグループでつるんでいる事が多い。
また、鉄心に「映画サークル」をまかされ、部長として奮闘している。
ついでに心ちゃんの家を新築したよしみで転がりこんだ。
ラジャイジャと仲良しな事は周りに知られていないが、果たして……

佐藤さんにかまう内に、気付いたら好きになってしまっていた。
あまり積極的ではないが、仮装人格に悩む彼女を見守りつつ、その支えになれたらと思っている。
だが、自分の事を好きだと言ってくれた鉄線に対しては後ろめたい気持ちも残っている。
恋愛初心者で立ち回りができないのである。

通常戦闘スタイル…半ばチンピラ
格闘 射撃 俊敏性 技量 防御 異能 総合ランク
A B C D A D B
スキル
怪力/貫通/電光石火/タフネス/シールド/ヒノモト人/強靭/熱血/根性/覚醒
備考
平均的なヒノモト人に漏れることなく、頑丈で強靭な身体を持つ。テクニックは無い物の、アルバイト生活でそれなりに身体は鍛えられているのか、タフネスとパワーが非常に高い。ヒノモト人基準でパワータイプというのは、人間界ではほぼスーパーマンに近い身体能力を意味する。眼の能力も相まって戦闘力は高いのだが、いかんせん出し惜しみが多かったり、殆どチンピラ同然のガラの悪い闘い方を好んだりして、あまり実力者と見られては居ないようだ。金欠のときはたぶん能力なんか使わずに鉄パイプでぶん殴ってくるだろう。
1500円―『ステラ・リュミエール』
既定の金額を投入する事で、十字の光の姿を持つエネルギーの塊を生成する。
端を握る事で剣として使え(通称:偽霊剣)、そのまま叩きつける事で全エネルギーを攻撃力に転換する事も出来る。
その場合のエネルギーは最大値で高性能手榴弾レベルを発揮することも可能。
ただ、叩きつけたり投げてしまうと1500円丸ごと1発で消費してしまうのでそれはそれで考え物だ。
2000円―『ルナ・イグニフェル』
三日月のようなグリップを持つリボルバー拳銃を作り出す。
100円を一発分の銃弾と変え、合計20発の弾丸を打ち出す事が出来、2000円消費する事でリロードもできる。
発射後の銃弾は一度だけ、ジェット気流を噴出して三日月の如く方向転換や加速する事が出来る。
キャシュカードを使用していれば残高が尽きるまで撃ち続ける事も出来るが、消費している感覚が薄れるのでエイトは嫌っている。
2500円―『マーズ・インパクト』
腕にかぶせるように装着されるパイルバンカーを生成する。
高熱にされた鉄芯を武装内部で強力な爆発を起こして叩きつける武器であり、殺傷能力が高すぎるのが考え物である。
威力は非常に高いが重くて取り回しが悪いのと、一発で2500円消費してしまうのが弱点。
2500円―『ヘルメス・ミラー』
水星の惑星記号を象ったような杖を生成する。
槍としての使用が主だが、その最もなる特徴は刃の付け根にある大きな環状器であり、それを任意で巨大化させる事が出来る。
内部には特殊なシャボン液を発生させる事が出来、簡易的なシールドにしたり、高圧にすることで攻撃にも転用が出来たりと使い勝手が良い。
10000円―『ユピテル・ドライブ』
背、拳、肩、脛、脚にそれぞれ翡翠色のエネルギー発生機を生成する。
翠色のガスのような光魔粒子を噴出し、打撃力、推進力を大幅に増強する事が出来、逆噴射で砲撃、防御と幅広い用途が可能。
最大の難点は、これほどの消費を行うにも関わらず、効力が1分程度しか持続しない事である。
5000円―『サターン・ソー』
大きな鉄球に稲妻状の光鎖が繋がったような巨大ヨーヨーを生成する。
鉄球部には環状にノズルが搭載され、そこから微細な氷のジェットが高圧力で噴出される。
最大出力ではまさしく土星の環のような円が発現し、接触面を切断しながら高速で氷結させてゆく。
無論、例にもれず燃費が悪く、出力を最大に上げてしまうと光鎖がちぎれ、そのまま飛んで行ってしまう。
時価―『サンライト・ファントム』
キャッシュカードを使用している場合のみ使う事が出来る武装、もとい技。
1円につき直径1ミリずつ膨張するプラズマ球を作り出し、投擲する。
勿論、使用した金額により威力は変わるのだが、1秒につき直径10センチ以上の速度で巨大化させる事は出来ない。
おまけに、当然一発撃ってしまえば使った金額はそのまま無くなってしまい、隙も大きく、値段をケチるとえらく外れ易い。
誰かの支援が無ければなかなか使うのは難しいだろう。
プライスレス―『ミリオンダラー・ブレイク』