邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ジュルノ=ジュバァーナ >

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


ジュルノ=ジュバァーナ・ⅩⅩⅡ

 ふと思い立ち、自室のデスクの引き出しから、「KOOL」と書かれた煙草を出す。

 懐かしそうに箱の柄を眺めると、1本を咥え、ライターの火を当ててみる。

 ついた。
 5年前に購入した、開封済みの煙草に火がついた。

 「……湿気てないもんだな」

 殆ど味わわずにアルミ製の香立てへ煙草を押しつけ、消化した。

  「……珍しいな。
   その煙草、まだ売ってたのか」

 すっかり主婦然とした妻、陽射瑠がエプロン姿で部屋の前に立っていた。
 そちらを振り向いて、なんとなく苦笑する。

 「本当は嫌いなんです、煙草。
  すまない、外でやればよかったな」

 一応、窓を開けて新鮮な空気を取り込む。
 煙草が好きじゃないのは本心だ。

  「構わないさ。
   私だって本当は、煙草を吸うお前が好きだったからな」


ジュルノ=ジュバァーナ・Ⅶ

 初めて接近戦で人を斬った時……オレは敵兵を殺し損ねた。

 屈んで様子を見たら、睨みつけられたよ。
 そう長くはなさそうだった。
 そいつの顔を見てると、止めを刺してやる気分が失せてさ。
 もう、申し訳なくって……。

 毛布をかけてやって、水筒の水で唇を湿らせてやった。
 そいつの眼光からは少しずつ憎悪が薄れて行った。
 何か云いたそうだったけど、もうそんな力はなかったのか、唇が少し動いただけだ。


 オレはそいつの胸ポケットを探って煙草を出し、生まれて初めてふかしてみた。
 上手く火がついたから、そいつの唇に挟んで、交替で吸ったよ。
 ……煙草1本吸い終わるころには、そいつは穏やかに息絶えたよ。


 あの時からなんとなく、兵が死ぬ時は一服させてやるもんだ。
 そんな考えがあってさ。


氷室 陽射瑠・ⅩⅩⅦ

 彼はそれだけ話して、煙草の箱をデスクに置いた。

 「後悔……なんて、感じでは無いみたいだな」

 苦笑し、それを手に取る。

 「これ、私が借りていても良いか?」

  「どうぞ。
   しかし、そんなものどうするのです。
   オレだって、今の今まで忘れてたような煙草」

 「何、お前の死に際に、一本吸わせてやろうと思ってな。
  そのためには、お前よりも長生きしなくちゃならないが」