邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 法術

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

法術とは

  • 回復や補助が主流。
  • 神の力を借りて使われる。
  • 浄化などを行う。
  • 中心団体は信仰のある教会。

 神の力を借りて発動する術。
 神鳳剣もこの一種と思われる。
 巫術に近い存在でもある。
 ただし『神』と一言にいっても、こちらはよりヘブライ神族に近い者たちの力を借りることになるだろう。
 巫術と違い、種族によっての適性はほぼないが、要は神の法と対立するか否かが重要である。
 よって、自然と、神々や天使は強い法術を扱えることになる。

 かつて最高の天使であったルシファーでさえ、堕天して「神はこうあるべき」などと唱えるようになってからは、以前ほど強力に「神の力」を借りることは出来なくなったのは当然のことなのである。

 最初から神に否定的で、破滅的で、無法こそ自然と唱えるサタンに到っては、「神の力」を借りるなど不可能であるし、使おうとも思わないだろう。


 純粋に法術を扱うキャラクターはジュルノ=ジュバァーナが挙げられる。
 彼は死者の蘇生という奇跡を2度起こした(ヴァチカンの広場でやれば聖人認定)が、宗教観が正統的というには歪んでいたために、その代償は多大であった。
 ちなみに彼の宗教観を完結に表すと、「神と人とは対等である。法術は科学と同じく世界の法則に過ぎず、いうなれば火起こし器である。自分は、この命という乾いた木と紐を材料に、学んだ知識で火起こし器を組み立て、あとは摩擦して火を起こしただけ」というもの。
 敬謙な崇拝者からすれば外道一歩手前の発言である。

魔術との違い

 魔術は魔力を、法術は法力を使うというが、元々この二つは同じものだと考える者も多い。
 筆者もまた、組み上げ方が違うだけで、使う力は同じく生体エネルギーや自然エネルギーであると捉えている。

 云うなれば『おすぎとピーコ』。
 映画なら『おすぎ』。
 ファッションなら『ピーコ』。

 しかし、根本(材料、素材、遺伝子)は同じようなものである。
 ……が、本人たちは一緒にされると怒る。
 それゆえか、魔術師と法術師の間ではケンカがつきもの。