邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 眼の進化

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

場合によって、眼は「進化」ともとれる変質を起こす事が有る。
それは本来の能力の強化型であったり、全く異質の能力へと進化する事もある。

進化の区分け


能力開放型―アンロック―

 継承型の眼に多いタイプ。
 隠されていた能力が使用者の成長に応じて目覚め、段階的に能力を強化する。
 主な例としては黒帳眼、魔王眼、戦龍眼など。

覚醒進化型―エボリューション―

 覚醒型の眼に多いタイプ。
 使用者の成長や激しい怒り等に応えるかのごとく、眼が突如として進化する。
 主な例としては黎紅眼白光眼漆黒眼など

追従変化型―メタモルフォーゼ―

 亜人種に多く見られるタイプ。
 能力者が形態を変えるのに合わせ、眼もその形態に応じた姿へと変わる。
 主な例は夜叉眼、新生戦龍眼など。

具現融合型―マテリアライズ―

 ごく最近確認されたタイプ。
 眼の能力そのものが「形」を成して、現実へと具現化する。
 それは能力者と眼とが最も効率的に共存できる形であり、武器となる場合、あるいは能力者の身体そのものを変化させる場合もある。
 具現化系の外界干渉、変身系の内的操作とは違い、あくまでも後発的に眼が具現化型へと進化する形である。
 しかしその現象は蟲毒化BEASTと酷似しており、理性の欠如が見受けられるため乱用は危うい。
 眼と使用者との相性が極めて高いとこの系統へ進化する可能性が高いため、意識を眼に支配されている状態との説もある。