邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ エレクトラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名前:『エレクトラ』
   正式名称、《D-102E》




種族:生機融合体。俗に言うサイボーグ。
   脳以外は全て義体であり、金属骨格と人工筋肉、特殊な磁気を帯びた人造皮膚によって構成されている。
   この皮膚によって電子機器への干渉を行っていると思われるが、未だにその「体質」の原理は不明瞭。

性別:女性(脳の構造・義体、共に女性型)
年齢:???

一人称:私
二人称:あなた
三人称:あのひと
口調:ざっくばらんで無鉄砲
口癖:「人間よりは頑丈だから」

好きなもの:発砲、破壊
嫌いなもの:見えない敵

容姿:セミロングの銀髪を持った、10代の少女のような外見を持つ。
   服装は黒いシャツ・黒いミニスカートに黒いサイハイソックス。その上から、黒いファーが付いた白いコートを羽織る。
   このコートは冷却機能があり、彼女の義体がオーバーヒートしないよう常に冷却している。
   眼球は義眼だが、角度によって網膜部分の色合いが七色に変化する。

装備:


使用技:正確無比な射撃
戦術:
 ・エレクトラ:突貫。考える前に撃ちたがる。
 ・オレステス:心配性。しばしばエレクトラの独断専行に頭を悩ませる。

職業:???
所属組織:???
出身世界:???
タイプ:???

キャラクター:
 その外見とぶっきらぼうな口調から、一見クールなのかと思いきや、彼女を突き動かすのは基本的に破壊衝動である。
 とにかく自分を邪魔する存在が目の前にあるのが我慢できなくなるタイプであり、それは人間から建物、赤信号まで、ありとあらゆるモノに適応される(ちなみに赤信号は能力で青信号に変えて渡っている)。
 しかし破壊衝動が強いというだけであり、精神的・日常的には至ってまともというのがまた扱いづらい点でもある。
 あくまでも自我が強すぎるのであって、彼女の中には優しさや正義の心もまた、僅かだが存在してはいる。


設定:




添付ファイル