邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ステラ・テイクレッド

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

――子供を人質にするなんて、大人のやることですか!!――
名前:ステラ・テイクレッド
眼:禁后眼
種族:バンシィ
性別:女
年齢:3
一人称:ステラ
二人称:~さん
三人称:~さん
口調:丁寧語
口癖:時が見える
好きなもの:人間、小さなもの、可愛いもの
嫌いなもの:自分の身長を指摘する人
容姿1:http://plaza.rakuten.co.jp/rakunomu/?func=diary&act=view&d_date=2009-03-22&d_seq=0000&targetdate=201008
容姿2:21,7m、23,7t
装備:
  • ビーム・マグナム
銃身に「マグナム弾」と呼ばれる専用Eパック(エネルギーパック)を最大5基連結し、1射で1基分のエネルギーを使い切る代わりに通常のビーム・ライフルの4倍もの威力を生み出す。掠めただけでも致命打となりうるため、MA(モビルアーマー)などの大型目標に対しては特に効果的である。非使用時はバックパックや腕部ラッチに固定して携行する。
  • ビーム・サーベル
バックパックに2基と左右の前腕部に1基ずつ、計4基を装備。いずれも通常時は基部で折りたたまれ収納されているが、必要に応じてグリップが180度展開する。背部サーベルはデストロイモード時に展開され、額のアンテナと同様に本機のシルエットを「ガンダム」らしく変化させる。両腕のサーベルはマニピュレーターで保持せずとも、そのまま展開してビームトンファーとして使用することも可能。
  • ハイパー・バズーカ
連邦軍のMS用武装としては一般的な実体弾火器。不使用時は砲身を短縮した状態でバックパックに固定される。発射後に時間差で炸裂し、周囲にベアリング弾を撒き散らす特殊弾を使用する。砲身にはオプション装備用のレールマウントが備えられ、同じアナハイム規格のグレネードランチャーやミサイルポッドを追加装備する。
  • バルカン
多くのガンダムタイプMSの頭部に内蔵される小型機関砲。5発に1発の割合で曳光弾が仕込まれており、発砲中の射線修正が可能。
  • シールド
4枚の花弁状のサイコフレームパーツがX字型に展開し、中心部に対ビーム用のIフィールド発生装置が露出する。基本的にデストロイモード時に展開するが、ユニコーンモードのままでもIフィールドバリアとして機能する。終盤では、サイコフレームによって発生した物理的エネルギーで、バーニアなどの推進器がないにも関わらず、ファンネルのように遠隔誘導されるに至る。
  • ビームガトリング
4銃身式の大型ビーム機関砲。本来はクシャトリヤ用に新造された装備だが、パラオからの脱出時に使用される。アナハイム規格で製造されているため、同じアナハイム製のユニコーンガンダムでも使用可能。両腕に1挺ずつ装備可能だが、2挺を連結して片腕に装備することも可能。
使用技:NT-D
戦術:白兵戦
職業:女の子
所属組織:ブラックスネイク
出身世界:UC
タイプ:強行偵察型
設定:
性格は可愛いものが大好きなごく普通の女の子。
連邦宇宙軍再編計画の一環である「UC計画」の最終段階として開発された実験機。
宇宙世紀0096年に、アナハイム・エレクトロニクス社所有の月面工場の1つ、グラナダ工場で2機が製造された。
パイロットの精神波に反応する構造材「サイコフレーム」で機体の駆動式内骨格「ムーバブルフレーム」全てを
構築した史上初のフルサイコフレーム機であり(従来はコクピット周辺や関節部など、限られた部分にしか使用
されなかった)、極めて高い機体追従性を発揮する。

通常は額の一本角(ブレードアンテナ)とフェイスガードに覆われたゴーグル状のカメラアイが特徴の「バンシィモード」で運用される。
限界稼動状態では、全身の装甲が展開し体格も一回り拡張、ブレードアンテナがV字型に割れガンダムタイプの顔が
現れる「デストロイモード」に「変身」する。この際、露出したサイコフレームが眩く発光するのが特徴である。
ガンダムタイプとして開発された理由については、連邦宇宙軍再編計画におけるプロパガンダ的な意味合いが強く、
ジオン根絶における絶対的象徴として、ガンダム以上に相応しい機体はないという思惑がある。

双子の二女と、かつて強奪された長女との三姉妹である。