邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ ミネルヴァの梟 1.

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ミネルヴァの梟 

1. 第一夜


    ◆◇◆


 電車の走る音が聞こえる。

 私はシートに座った状態で、目を覚ました。
 正確には、“今眠った”んだから、「目を覚ました」っていうのはおかしいと思うけど。

 ここは、地下鉄の中だ。
 それだけは、決まっている。この世界で唯一といってもいい、ルールだ。
 私の悪夢は、必ずここから始まる。

 周りを見回すと、いかにも地下鉄といった風情な、地下鉄の中の風景が見える。
 冷たい扉、シート、つり革、パイプ。
 そして鳴り響く、ごおおお、という電車の走行音。

 でも、ここは現実の地下鉄じゃない。
 この地下鉄には、誰も居ない。電気もついているし、ちゃんと走っているけれど、車掌も運転手も、もちろん乗客もいない。
 代わりにあるのは、シートや床に撒き散らされた、赤黒い血のような内蔵のような染みだけ。
 初めてここへやってきた時のことは、実は、もうあんまり覚えていない。だって何年も前の話だもの。
 だけど確か、私は運転手や車掌や乗客を探して、車内を彷徨った覚えがある。

 結局、先頭車両などというものは、この地下鉄には存在しなかった。
 この地下鉄は、客車だけで走っているのだ。

「いつだったっけ……」

 誰も居ないし、何も無いけれど、やかましい走行音で呟きがかき消される。
 いつだったっけ。
 初めてこの悪夢の世界に落ちたのは、いつだったっけ。

 考えてもどうせ思い出せないことは知っていたので、私はすぐに考えるのをやめた。
 とにかく、この客車だけの地下鉄が止まるまで、私は何もすることは無い。



    ◆◇◆


 スタート地点は地下鉄。
 それがこの悪夢の決まり。

 現実世界で眠りに落ちて、次に意識が戻ったとき、私は必ずこの無人の地下鉄に乗っている。
 地下鉄はすごい速度で走っているし、ブレーキもついていないから、降りたり停めたりすることはできない。
 だけど、この地下鉄は、数分走ったところでかならず停車する。やはり誰もいない無人の地下鉄駅に。
 駅を出た所がはたしてどんな場所なのか、私には決められないし、知ることもできない。
 だけどここにももう一つ、決まりがある。
 降りた場所には、必ず一匹、どこかに『怪物』が居る。

 怪物っていう言い方は、呼びやすいから言っているだけ。正式な名前なんて知らないし、知りたくもない。
 ただ、そういう化け物、クリーチャーが、この地下鉄の停車した場所の近くに必ず居る。

 そして、もう一つのルール。

 私はその怪物を探して、殺さなければ、目を覚ますことができない。

「……」

 右手を強く握る。
 そこには、意識を失う直前に握り締めた、ナイフがある。
 MkⅢNAVI。ヒルトが高く分厚い刃を持った、ベトナム戦争で使用されていた戦闘用のコンバットナイフ。
 この悪夢の中へは、眠る直前、現実世界で最後に持っていた持ち物しか、持ち込めない。
 普段はランドセルごと来る事が多いけれど、今日は背負っていなかったから、これ一本しかない。

 殺せるだろうか。
 目を覚ませるだろうか。

「ふぅ……」

 深呼吸してみたけど、生臭い匂いが溜まっていて、よけいに気持ち悪くなった。
 それでも慣れ始めている自分が、少しだけ恐ろしい。

 怪物を倒す、なんて、文字にすればとても簡単だけど。
 でも実際は、死ぬつもりでやらなければいけない事だって、私はもう嫌なほど知っている。

 そう、死ぬつもりで。
 だけど、本当に殺されてはだめ。



 最後のルール。

 この悪夢の中で死ねば、私は、本当に死ぬ。



 誰にも言われたわけじゃない。教えられたわけじゃない。
 ただそれは、沸騰したお湯を見て「熱いだろうな」って思うような感覚で、私にはわかっている。
 この夢の中で死ねば、現実の私は、二度と目覚めない。

「はあ」

 何回ここに来たっけ。
 何回殺したっけ。

「いつになったら、終わるんだろう……」


 ぎいいい、と耳障りな音が響いて、同時に身体が慣性に引っ張られ、私はあわててパイプを掴んだ。
 ぶしゅうと鳴りながら、ドアが開く。
 その向こうは、どこまでも闇を孕んだ、駅のホーム。

 列車が止まった。




Next→