邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ テラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:テラ
種族:コロポックル
性別:男
年齢:130
一人称:ボク
二人称:キミ
三人称:あの人~ など
口調:ショタ
セリフ:「ボクが許しても森がダメだって。」
好きなもの:お嬢様
嫌いなもの:他の三人
容姿1:栗色髪翠眼 ポケットが多くついた服に大きな丸い帽子 小さい眼鏡
容姿2:身長140 体重42
装備:
グランドクロス
(使い込まれた錫杖 これを用いて地球と会話することにより、自然と共に戦う事が出来る)
使用技:
  • ナチュラルハンマ
小さな木槌を呼び出す 空気を叩く事が出来、一振りすれば空気の玉を相手に向けて撃ち出せる
  • ナチュラルスレッジ
大きめの戦鎚を呼び出す こちらもハンマと同様空気を叩けるが、威力がダン違いである かなり大きいため、動作が大きくなってしまうのが弱点か
  • リジェネレイト
自己修復魔術。生命エネルギーを周囲から少しずつ吸収することで小さな傷や疲労をクリンナップする。戦闘中は常時これを発動しており、持久戦において大きく優位に立てる

戦術:自然調和
職業:地球のギルド「ハイペリオンアース」
設定:
クロウリー家に仕える4人の魔術師の一人。お嬢様を姉のように慕っている。(実際はテラの方が3世代くらい年上だが)
コロポックルというと小人のイメージがあるが、熟達した魔術師であるテラにとって姿形はあまり意味をなしてはいない。彼の今の姿もまた仮の姿である。
戦闘においては高い修復能力と自然のエネルギーを使った様々な超常現象で相手を翻弄する。
とある事件により殺されてからはネクロノミコンの中に存在している。