邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 木高 由

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:木高 由(こだか ゆう)
眼:小瓶眼
種族:人間
性別:女
年齢:17
一人称:私
二人称:アナタ
三人称:あの人、あの子
口調:ボソボソ喋り、テンションが一定まで上昇すると流暢になる。語尾がのびる。
口癖:やーん。
好きなもの:作業着、渋いおじさま、インド料理、形の良い瓶、ハードボイルドな人
嫌いなもの:虫、糖分の多い飲み物
容姿1:緑髪、右目を隠した前髪、左目下の隈
容姿2:150cm、50kg
装備:なし
職業:高校生
所属組織:中道学園高等部 1年3組 プロレス部 ベビーフェイス


人物について
中道学園高等部プロレス部の一年生。留年生。
一年生一年目は、部活にも入っておらずクラスの女子から虐めを受ける、不登校気味の根暗な少女であったが、二学期の下校途中にプロレス部の練習場に迷い込み、そこで練習中の関本と劇的な出会いをする。
その関本の強さに魅了され、プロレスを始める。
プロレスをはじめてからは関本を始めとしたプロレス仲間が出来、次第に明るくなっていき虐めも次第になくなっていった。
しかし、一学期・二学期ともにまともに出席していなかったので出席日数が足りず留年。
本人は特に気にしていないどころか、自分から一年生二年目などとネタにしている。

プロレスによって引っ込み思案はある程度改善こそされたが、未だに人見知りで初対面とはまともに話せない。
しかし、実はおしゃべりなので友人や自身が安全だと思った人物を前にしたときの変貌ぶりは彼女と面識が少ない者を毎度驚かせる。

引き篭もり時代の名残で、腐女子の片鱗を見せるときがある。
好きなカップリングはオヤジのデレ受け、イケメンの強気攻め。

自分のことを過小評価する癖がある。が、スタイルについてはコンプレックスなのか、ナイスバディと称することも。

眼と戦術について
小瓶眼:小瓶に質量関係なく、生物や物体を詰めることが出来る能力。
ただし、瓶詰めできるのは最大三個まで。
プロレス:アクロバティックな技や、サブミッションを好むルチャ寄りのレスラー。
得意技
各種跳び技(ケブラーダ,プランチャ,コルバタ,ウラカン・ラナ等)
各種丸め込み(スクールボーイ,バックスライド,前・後方回転式エビ固め,十字架固め,首固め等)
ドラゴンスクリュー
河津落とし
ダイビングセントーン
低空ドロップキック
トラースキック

キカイさんが描いてくれたよ!ありがとうございます!