邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 第三回:伏見千梅

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

.

邪気眼を持たぬ者には分からぬ話 
特別企画☆お稲荷様インタビュー

第三回◆伏見 千梅(ふしみ ゆきめ)さん

(インタビュアー:稲荷総本山「小間使い」玄守 葛(くろもり くず))



― さて、早くも第三回とあいなりました。。
  今回は【花組】の【副将】、伏見 千梅さんがゲストとしてお見えになっています。

梅「はい。どうぞよろしくお願いしますね♪」

― はい。よろし……ぷわっ
  あっ、あの、ごめんなさい、インタビュー中は撫でないで頂きたいのですが……

梅「あ、ごめんなさい。ちっちゃくて可愛かったもので、ついつい♪」

― ち、ちっちゃ……
  ……え、それでは、今回からはゲストの方に語って頂く事を念頭に置こうと思います。

梅「あらあら、わたし、あまり口は上手では無いのですが」

― それでは……こだわり、またそれに関係した事について。

梅「拘りですか。ふむん。
  そうですね、やはり閨事に関しては、母譲りの拘りが」

― お母様、というと、千五百様ですね

梅「ええ。母上には小さい頃から色々と仕込みをして頂きました♪」

― なるほど。
  ところで、「閨事」というと、その、つまり……

梅「エッチですね」

― そ、そんなストレートに……!

梅「あら、母上は威厳がありますが、同時にとっても好き者ですよ?
  もちろん、表立って言える事ではありませんから、秘密ですけれど」

― 今まさにインタビューで暴露されている気が……

梅「私も母に、物心付いた頃からはもう【【検覧により削除】】」

― だだだだ、だめですよ、そんなすごい事を語っては……!

梅「あとはそう、実はわたし、オトコノコよりもオンナノコが好きでして」

― は、はぁ……?

梅「特に素直じゃない、ちょっとひねくれた子が好みなんです。
  具体的には、桜花ちゃんとか♪」

― はぁ……春日井さんですか。
  しかし、確かお二人は親戚同士にあたる関係だと……

梅「あら、従兄弟は結婚できるんですよ?」

― !?

梅「桜花ちゃんったら、傍目には怖い子に見えますけど、本当はとっても可愛い子なんです。
  昔は『ゆきちゃん♪』なんて呼んでくれてたんですよ、わたしの事」

― あ、はぁ……

梅「それに、あちらもお母様の血が濃いのか、本当に感じやすくって……」

― え、あ、あの

梅「この間もですね、コタツの中で向かい合って座ってた所に、足でちょっと弄ってあげたら、
  もう桜花ちゃんたらすぐに出来上がっちゃって、立つに立てないほど……
  その時は周りに皆居たんですが、結局そのまま私が足で最後まで……」

― ごっ、ごめんなさい、これちょっとテープ止めて下さい、テープ……!






☆千梅さん、ありがとうございました!☆


.