邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 西園寺 鬼灯

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:西園寺 鬼灯
眼:宴算眼
種族:人間
年齢:13
一人称:ワイ
二人称:ワレ、あんさん
三人称:名前
口調:コテコテの関西弁
口癖:アホちゃうんかワレ
好きなもの:たこ焼き
嫌いなもの:たこ
容姿1:顔を隠すような前髪に眼鏡、着物、襦袢
容姿2:158cm、50kg
装備:そろばん、カメラ、パソコン、その他大量の金儲けに使えそうなツールズ
戦術:とにかくお金が第一です
職業:詐欺師
所属組織:フリー
出身世界:ヒノモト
守護天使:イノセンス
タイプ:金に成りそうな相手
設定:
菖蒲を騙して財産絞り上げた詐欺師。
呼吸をするように嘘を吐き、金儲けに貪欲で、あらゆる方法で金を搾り取ろうと画策する。
にわか仕込みの魔術でフィンランディ内部を盗撮、盗聴しようとしたこともある(アナスタシアの概念武装を初登場させた際、菖蒲によって打ち落とされた)。
また、初心度では初期の菖蒲に負けずとも劣らないため、盗撮写真を見ては男女問わず鼻血を吹いて居る場面が目撃されている。
かといって、別に純粋に興味は有ると言うかドスケベでもある。
ただ単に耐性が無いだけなのである。

元はヒノモトの商人の家の出であり(邪気街に来たころの菖蒲には邪気街出身と言っていたが)、独特の金銭感覚を持つ。
「一にお金、二に紙幣、三四が硬貨で五に株券」とは祖父の談。
「金は世の中の全てではないが、絶対である」というのが父の教え。
「もう金とか良いから年相応に生きて下さい」というのが父に騙されて嫁いだ母の談。
ちなみにお母さん、20歳です。