邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ カミリア・R・ホプキンス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

イザグラに感謝感謝

名前:カミリア・レッドレッド・ホプキンス
眼:紅后眼
種族:人間
性別:女
年齢:16
一人称:私
二人称:貴方
三人称:あのひと
口調:理路整然としつつ、断定的
口癖:やれやれ…
好きなもの:自然、動物、洋食
嫌いなもの:魔女、魔法、和食
容姿1:赤と黒を基調としたシスター服だかナース服だか解らないものに、まっ白な髪の毛、緋色の瞳、常に手袋をつけている
容姿2:160cm、53kg
装備:聖剣
   注射器型精神感応ビット
戦術:「環」を描く全方位攻撃
職業:医者
所属組織:異端審問機関
使用技:
『呪文破棄(スピードスペル)』
(瞬間的に詠唱を脳裏で暗唱することで、呪文の一部、もしくは全てを省略しても本来威力の八割を得ることのできる技術。
下級の魔術ならば容易いが、上級の魔術になるにつれて難易度も上がる。因みに呪文破棄失敗時は本来の半分の威力しか発揮できない。)

『連続魔術(マジックマシンガン)』
(最後に使った魔術を詠唱無しで繰り返す技術。呪文破棄の応用版。)

『拡散魔法(スプレッドトリック)』
(放った物理攻撃魔法を内部から爆発させることで拡散させ、威力と引き換えに広範囲射程の技へと変える技術。)

『魔法保留(マジック・ストック)』
(一度唱えた呪文をその場で発動させず、一度練成段階で停滞させる技術。高度なフェイントや判断の難しい局面での誤射防止などに使われる。)

『魔法開放(マジック・スターター)』
(魔法保留で停滞させた魔法を任意のタイミングで開放させる技術。また、これに爆発魔術を組み合わせることで一度弱い呪文を停滞させ、相手を油断させてから強化した呪文で大ダメージを与えるなどと言う使い方もされる。)


出身世界:現代世界
守護天使:アルケー
タイプ:天真爛漫な人
設定:
本来は名門にして忌むべき魔女の家系、「シエラザード」の娘にしてイリスの姉、すなわちリヴァルの叔母にあたる。
禁忌とされる魔術を管理する家柄であるため、幼いころから危険な魔術の管理、使用法に精通させられていたが、後に自分の境遇と一族の危険性には危機感を抱いている。

6歳のある日、森の中で家族とはぐれ途方に暮れている所を、魔女狩りの一族であるステラ=ホプキンス牧師に拾われる。
当初は手にかけられそうになったものの、その幼さとあどけなさに情を移したステラの手によって、"魔女としてではない生き方"を教えられ、以後は普通の子供としての生活を謳歌する。
それ以来は自身の家柄の事も忘れて平凡に暮らしていたが、10歳の誕生日、学校から帰ってきた彼女は家の中で「逆十字」に貼り付けられ、惨殺されたステラの遺体と、実行犯である実の父、レキの姿を発見する。

激昂してレキに襲いかかったものの、当時の彼女がかなうはずもなく、返り討ちにあい重傷を負う。
そのままレキに連れ戻されそうになるが、命の危機に瀕した彼女の潜在能力を見出したレキにより、わざと復讐心を煽るような形で解放される。
それ以後、彼女は忌み嫌いながらも封印していた自身の魔力を磨き、「魔女を狩る魔女」として頭角を現していく事となる。


得意とするのは白魔術、光魔法。
一切魔族との契約を行わず、天使の力を利用して戦うため、僧兵や賢者に近い性質を持つ。
その背景と実力から異端審問機関では魔女として疎まれつつも、神の子として崇拝する一団も存在する。
なお、ミドルネームの「レッドレッド」とは「深紅色の勇気を持つもの」を指す、天使との契約名である。

添付ファイル