邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ クロノス

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クロノス【クロノス】(Chronos)

参考画像
不明(時を操る眼の中でも最高の力を持つ)
種族 甲冑に宿る、魔王におとしめられた時間神
性別
年齢 不明
誕生日 不明
中の人 ジュル ◆JURU/vCmGc
一人称
二人称 お前、貴様
三人称
口調 仰仰しい
口癖 「汝、時間に祈る事なかれ」
好きな食べ物
苦手な食べ物
容姿1 美しい甲冑、黒馬、幼い黒の柴犬
容姿2 身長体重不定
パーソナルカラー
クラス 魔王、時間神、強化外骨格
バトルスタイル 強力無比な魔術で凡て消し飛ばす
所属組織 無し
頻繁出現地 ジュリオと紅蓮の傍

性格と経歴

 超汎用可変兵器/クロノスのコアに宿る時間神。
 自分から鎧に封じられる事を選んだ変わり者。
 『神は、誰かに必要とされていてこそ存在出来、人間ほど神に期待してくれる生き物は居ない』
 という信念のもと、人に武具として求められる道を選んだ。
 何故ジュリオ=ジュースターを初代着装者として認めたのかは不明。

 クロノスは双子の神である(とこのスレでは扱う)。
 兄はティターン(巨人神族)の王にして農耕の神。
 弟は時間の神(本来は存在しない創作された神という説が有力)。
 このページで紹介しているのは、弟の人格である。

 人人から混同視されてきた影響で、彼らの意識もまた混ざり合っているが、れっきとした別人である。
 そのため、彼が過去ティターン族に粗暴を働いたというのは、半分以上間違い。
 しかし双子と意識の混同という性質上、結局は彼も虐げられている。

 現在は、紅蓮のイメージによって、幼い黒の柴犬の姿に落ち着いた。
 また、ジュリオと正式に契約し、真名と力を取り戻した。


戦闘要素

 ※以下は力を凡て自由に操れる場合の能力であり、鎧という拘束具に包まれた今のクロノスは遠く及ばない。

使用技

時の回廊

  • 『時滑りの回廊』
 膨大な力で軽軽と60秒以上の時間停止を行う。
 クロノスが指定した者だけが停止せず、活動出来る。
 コンスタントに使うには、数秒ごとに区切って節約する必要はある。

  • 『時戻しの回廊』
 指定した者だけに意識体(記憶や経験)を引き継がせ、時間を過去に戻す。
 現実で強いままニューゲーム出来る。
 『時渡りの回廊』や『時送りの回廊』を解除する際にも使用される。

  • 『時送りの回廊』
 指定した者だけに意識体(記憶や経験)を引き継がせ、時間を未来に送る。
 if……(もし……)の世界を再現。
 つまり、その選択をした場合どういう未来になるかを覗き見る事が出来る。
 戦闘に応用する事も可能。
 彼自身は未来に興味がないので、多くの場合他人に覗かせる。
 『時渡りの回廊』や『時戻しの回廊』を解除する際にも使用される。

  • 『時渡りの回廊』
 過去や未来へ移動する。
 『時戻し』や『時送り』と違い、意識体を飛ばす能力ではない。
 それ故、連れてこられた者は、過去や未来の自分と遭遇する可能性もある。

魔術

  • 『万能魔(メギド)』
 「粉砕する」「殺す」「虐殺する」の意味がある。
 特定のエネルギー原理の象徴を持たず、あらゆる存在に有効かつ再生困難な傷を与える神の焔を放つ。
 命中すればかならず威力を発揮する。
 中級魔術に在りながら、その性質から抜群の威力を誇る。

  • 『万能魔・天命(メギドラ)』
 メギドの強化版上級魔術。
 より広範囲、高威力になっている。

  • 『万能魔・天命滅門(メギドラオン)』
 メギドラの強化版。
 上級魔術最高峰の破壊系であり、軽軽と街一つ壊滅させる威力を持つ。
 しかしやはり、恐るべきはそうそう防げない性質だろう。

  • 『万能魔・最終審判天命滅門(メギドアーク)』
 メギド系最終奥義にして禁忌魔術。
 クロノス単体での発動は不可能。

 かつてのALAELが実現を目指していた究極の衛星兵器と同じ性能。
 争いの起こらない楽園の世界を作る際に、必要なものたちは宇宙に退避させ、不必要なものをこれで全て消し去るのに使おうとしていたらしい。

備考

性能
本体 『クロノス』
破壊力 : 敏捷性 : 精密動作性 : D 戦闘ランク : EX
持続力 : 射程距離 : C 思考力 : B 成長性 : ―
A =極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、 E =極めて低い) (EX~E)
もしもこの全盛期の力を発揮出来れば、「もうぜんぶあいつ一人でいいんじゃないかな」状態。
特殊能力無しでも文句無しに最強クラス。
操る万能属性魔術は「相手は死ぬ」的なアレだが、高威力すぎて取り回しは今一つ。
知性も中中のものであるが、無敵の戦闘能力を持つため披露する機会はほぼない。
分霊でも転生体でもなく、間違いなく本体が顕現している事から、主神クラス以上の力を持つ。
弱点は一度撃破すれば復活しないこと。
弱点じゃない気もする。
能力 『時の回廊』
破壊力 : ― 敏捷性 : 精密動作性 : D
持続力 : 射程距離 : 思考力 : ― 成長性 : ―
A =極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、 E =極めて低い)
時を象徴化した時間神としての属性を持つ。
『時を操る者』ではなく『時間自身』と云ってもよく、まさにやりたい放題。
黒薔薇もびっくりの厨性能。
しかし、時間移動の精度は触媒の記憶がないと今一つなのだとか。