邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ クローズアップ1部キャラ

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【白薔薇(へんたい)】
黒歴史ノートからのサルベージキャラ。
初登場の際に男とディープキスをしたことからその名を獲得。
後は主人公のショタにスカートを履かせようと付き纏ったり、手出すとほぼ100%死ぬ神社の巫女にスカートめくりを決行したりと変態活動に余念がない。
かと思えばネタイベで本当に死んでしまったり、事実上の近親相姦に勤しんでみたりと扱いは良くないと思われる。
能力実験でオランダを丸ごと吹きとばしたり、ノリで眼持ちを大量虐殺したりしたが深刻さが薄い。
なんかルーシアに酷い事するのが趣味なように見えるが、彼は誰にでも酷いことをする。

【黒薔薇(ふぐぅ)】
人食い鬼。だが人を喰う前に怖い巫女さんに喰われた。
その後人間を好きになって人食いをやめたが、うっかり餓死しかける。
ついでに子供も産んでみるが、腹の中から子供に喰い破られて死にかける。
時間操作と歴史の自由改竄というトンデモ能力を持っていたため、二部開始すぐに戦闘不能レベルの負傷を負ってもらった。
ガチレズ。百合じゃなくてガチレズ。
ツンツン俺ッ子だがデレると一人称が私に変わる上、呼び方もお姉ちゃんとかになっちゃう困った人。
年齢を考えてほしい。