邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 間藤 絃

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

性別:男
年齢:18歳
中の人:(トミー、鳥)
一人称:わし、俺。
二人称:基本呼び捨て、自分が目上だと判断した相手には「さん」をつける。おっさんには○○のおっさん、とつける。
三人称:ぬしゃ、あれ、アイツ。
口調:土佐弁。まんま土佐弁。
口癖:~ぜよ、~ちゃき。
好きなもの:ちんまい子(頭を撫でたい的な意味で)
嫌いなもの:面倒臭いやつ
容姿1:(黄色人、ツリ気味の目、金髪でチノパンツ、黒のワークシャツの下に同じく黒のTシャツ、スニーカー)
容姿2:(176cm、72~73kg)
装備:基本なし、武器らしいものはチノパンツにつけたベルトのみ。
使用技:
「I(ストレート)」
「直線」のエネルギーを発生させる。または直線のエネルギーを強化する。
他のエネルギーに混ざり易く、扱い易い技。
「U(Uターン)」
「返し」のエネルギーへと捻じ曲げる、または作り出す
「O(ループ)」
「繰り返し」のエネルギーを発生させる。
「W(ダブル)」
エネルギーを二つに「分ける」。
「分けた」エネルギーは元のエネルギーのそれぞれ二分の一の威力になる。
「V(ブイ)」
V状の軌道のエネルギーへ変換、発生させる。
「Z(名称不明(思いつかない))」
使用法も思いつかない。
「N(名称不明(思いつかない))」
同上。
「Q(ループ&シュート)」
「O」を繰り返した後、好きなタイミングで「I」を発動させる。
ループにより、威力も向上し、強力。
「C(ブーメラン)」
名のとおり、テニプリのスネイクのような軌道のエネルギーを発生させる。
「H(トリッキー)」
「J(ライトシュート)」
「L(レフトシュート)」
「X(エックス)」
戦術:眼の能力を活用した格闘術。基本的に馬鹿なので、突っ込み易い。
職業:ラーメン屋台のにーちゃん。
所属組織:なし
出身世界:「カルカンド」
タイプ:基本女性に興味が無い、いや無いわけでもないのだがそういうのに物凄く「疎い」。
設定:
【能力について】
「I」や「O」等、あらかじめ設定されたアルファベットを入力することで、その出したアルファベット状にエネルギーの方向や形体を流せる。
または逸らすことができる能力。

例えば相手が真っ直ぐに矢を飛ばしてきたのならその目の前に「U」を入力し出現させ、その直線に働いているエネルギーを捻じ曲げ、跳ね返すことができる。
ただし、強大すぎるエネルギーは完璧には捻じ曲げられない。逸らすのが限界。また、止めきれず直撃することもある。

【能力の代償について】
アルファベットを一文字使用すれば、自分の爪にそのアルファベットが刻まれる。
アルファベットを刻める爪が無くなった場合、その能力は発動されることも無く、消える。
数時間経てば、その爪に刻まれたアルファベットは消える。
つまり一戦闘では最大、20回までしか使えない。
ただし、爪以外の部分を一応代用できる(例えば指など)。
しかし、こちらは刻まれる際に「傷」として認識され出血もする。
「傷」自体はそこまで深くもなく、大きくもないのだが代用し続けると、自身が危なくなっていく。