邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ リビーナ・ノルシュテイン

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名前:リビーナ・ノルシュテイン
眼:白雪眼
種族:雪女
性別:雪女
年齢:14
一人称:私
二人称:お前、貴様、同士○○
三人称:名前
口調:断定的、高圧的
口癖:はにゃぁぁん!
容姿1:絵を参照、いつもどんな時も無表情
容姿2:150cm、40kg
装備:二連層多用途特殊砲弾ライフル
戦術:とりあえず凍らせて動きを止めて撃つ、撃つ、撃つ
職業:派遣傭兵
所属組織:J3
出身世界:ヒノモト属、ロンダルギア
タイプ:奇人
イメージCV:ホアアーッ!! ホアーッ!!
設定:
「故ロンダルギアの遺した魔女」と名高い派遣傭兵。
IQ300の天才的頭脳を持ち、ロンダルギア軍にて8歳時点ですでに少佐という階級についていた。
が、幼女の命令で戦地に立たされるのを由としない兵たち(むしろご褒美だという兵も大量にいた)との折り合いの悪さを理由に軍部を去ることを決断。
直後、ロンダルギアはヒノモトとの戦争に敗北し、国家解体にまで追い込まれているが偶然かどうかは定かではない。

その後ヒノモトにて素性を隠して暮らし始める。
フォルテとはその時に知り合い、いまだに奇妙な縁がある模様。

普段から機会のような無表情を貫いているが感情がないわけではなく、むしろ豊か。
だが度を超えて大笑いすると乳腺が刺激されなぜか母乳が出る特異体質を持つ。

なお、特技はジャニーズも真っ青な早着替えである。

つい先日、ゾディアックスの一体をルームメイトとして迎え入れる。
その際には彼に「アーヴェン」または「げろしゃぶ」などの複数の呼び名をつけた。


ほぼ中の人からも存在を忘れ去られかけていたが、麻雀の賭けの結果ジュリオとフラグが立つ予定。
日の目を浴びそうだ。

人間関係

友人→フォルテリカ、ジュリオ
上司→白薔薇
同僚→ルーシア、藜