邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 魔装甲冑ルナゴースト

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

名称:ルナゴースト
眼:?
分類:魔装甲冑
容姿1:続報を待て
容姿2:180cm、80kg
最高走力:時速200km/h
最高跳力:およそ100m
パンチ力:MAX80t
キック力:MAX250t

各機能:(以下は正常に機能した場合の機能である)

プライムベスタ


魔術の絵柄と名称の描かれたカード。
その中には輝鏡眼により封じ込められた悪魔達の力が宿っている。

マルチプリケーションディスプレイ


仮面前面を覆う蒼いクリスタル状の機関。
外部から取り込んだあらゆる視覚情報を特別な電気信号と化し、網膜から直接装着者の脳に伝達させる筈。

フォトンフィールドライン


体中に走る白いライン。
常に動力である魔粒子が腹部の輝鏡眼から供給されており、光速で全身の隅々まで行き渡されている。
これにより装着者の身体能力を格段に上昇させる筈…だったのだが。

カレイドジェネレータ


腹部、動力器官。
これのレンズ部分にプライムベスタをスキャンすることでルナゴーストは魔術の力を得る。

必殺技


設定:

魔装甲冑シリーズ4機の中でも特に高速戦闘に特化してつくられた機体。
他の甲冑に比べると機動性が向上している反面、攻撃力は若干劣る。
その分スピーディな戦闘が可能であり、素早く動いて敵を翻弄しつつ隙なく連撃を繰り出すのが基本の運用法であろうか。

変身プロセス:

ルナゴーストへ変身する際には、昼夜問わず空に月が出現する。

装着者が指を鳴らす等の合図であたりの空気に魔力を満たし、月光が固形化されルナゴーストの姿へと変わる。
その後、発光が止んで変身が完了する。