邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 『概念武装』

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

※この項で取り扱う概念武装とは、他の登場人物の持つそれとは異なる意味をもつ

竜胆菖蒲の「概念武装」とは


端的に言えば、竜胆の鏡像を形作ったのと同じ、「イメージを具現化する」力である。
武装化する対象に抱く抽象的なイメージを武器として具現化し、そこに対象の持つ能力を強化して付加する事が可能。
基本的には「対象の持つ眼の力を1~2ランクほど強化した力を発動可能な武器」となる。

発動条件1・誓約許可


武装化を発動する際には、武装化する相手に能力使用の許可を貰わねばならない。
要は「竜胆菖蒲という人物を信頼している」ととれる旨の発言が必要である。
文目はこの能力を応用して信頼を奪った相手の姿に化けていた。

これにより「誓約」が完了すると、その証として対象の人物の姿が描かれた金色のプライムベスタが出現する。

発動条件2・範囲制限


概念武装が継続して具現化できる範囲は、武装化する対象から半径10メートル以内である。
飛び道具等を具現化しての射程距離はこの限りではないが、菖蒲が有効範囲内から出た瞬間に概念武装は効力を失って崩壊する。

発動条件3・能力発動制限


概念武装にはそれぞれ、武装化した対象の持つ特殊能力がそのまま付加されている。
基本的にはその対象の持つ眼の能力であるが、眼がなくとも種族の持つ能力などが反映される。
ただし、それらの能力の発動は基本的に対象が行わねばならない。

特殊条件・限定解除


一度概念武装誓約をした相手と心からの信頼を築けた時、プライムベスタのレベルが最上級になり、真の概念武装が発動する。
この状態になった概念武装は範囲制限と能力発動制限が解除され、菖蒲の戦力を飛躍的に拡張させる。
また、菖蒲がとある特殊な条件下に置かれた場合のみ、概念武装が金色に輝き『限定解除体』となる。
限定解除された概念武装はその能力を極限まで引き出し、魔王に匹敵する力すら行使可能である。

現在使える概念武装リスト


連携表



『暴食の砂嵐』
――――――カプラン=グラーホルルウェン――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
C B A D A C +1
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
全長3~50メートルほどの巨大な盾を出現させる。
大きさは前記の範囲なら任意で有り、箱状に変形して敵を包み込むこともできる。
武煉眼同様、カプランが息を止めている間は絶対的な防御力を誇り続ける。
盾を中心にドーム型の防御フィールドを発生させることも可能。
この場合、盾そのものより防御力は落ちることになる。
また、その防御フィールドを高速回転させることで、触れるものを弾き飛ばす巨大な竜巻を巻き起こす。
『舞踊る三日月』
―――――――――――槞坏 盟―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
A D E B B E +2
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
身の丈以上の巨大な刃を生成する。大きさは同様にある程度の調整が可能。
斬梟眼同様、空間を切断する能力を持つ。
転じて敵の防御を無効化して斬撃を加えたり、強制的に魔界ゲートをこじ開ける等の荒技も可能。
敵に突き刺せば内部から切断の力を送り込み、粉々になるまで分割することもできる。
弱点は少々取りまわしづらい事か。
『交差する刃』
――――――――ジュリオ=ジュースター――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
C A A E B C +1
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
2本1対のショーテルを生成する。
普通に双剣としての使用も可能だが、投擲後ある程度コントロール可能であり、ブーメランのようにして遠距離の敵を切り裂くこともできる。
また、菖蒲と文目を分離させて闘うことや、投擲したショーテルを起点として無数の分身を生み出すこともできる。
分身そのものの戦闘力はAクラスを保つが、一方持続力が弱く、攻撃を食らうと即座に消滅してしまう。
【アンリミテッドブレード】
『限り無き刃』
その世界の空一面に無数の有りとあらゆる刃を創造し、菖蒲の動きとシンクロするかのように自在に操る事が出来る。金莱の状態でなければ使う事が出来ず、また、金莱に変身している間一度しか使う事は出来ない。その効果範囲は当然、世界の果てまで続く限り及び、それぞれの刃の切れ味は一つずつが神話に登場するような聖剣、魔剣にすら匹敵するという。

『神託の雫』
―――――――――――白鳥 雫―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
? ? ? ? ? ? +?
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
今まで概念武装契約してきた人間のゴールドプライムベスタをさしこめる大鎌を形成する。
カードを鎌に差し込むことで契約者がいなくても概念武装が発動可能であり、戦術拡張性は他の概念武装の追随を許さない。
鎌自体にも攻撃力が有るが、雫のように相手の能力を奪い取ることは通常では不可能。
その代わりに鎌自体の攻撃力は雫のものよりも上で有り、雫が眼を発動することでこの鎌でも相手の能力を刈り取れる。
また、この鎌を通して出現させた概念武装は発動時間と発動回数に限りがある。
『機械仕掛けの巨神像』
―――――――――――マキナ―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
A C D A B B +2
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
菖蒲の魔装甲冑をもとに周囲の物質を分解、再構築して武器化し、最大出力で全高50メートルほどの巨大ロボとなる。
巨人形態ではマキナが人工眼を切り替えることで戦闘スタイルを変更可能であり、さまざまな巨大な敵に対し対応することが可能。無論、大気圏外活動も楽々行える。
この武装を使っている際に他の概念武装を使うと、巨大化した竜胆に合わせたサイズで具現化される。この武装によってとうとう巨大怪獣との戦いまでカバーしそうだ
ちなみに、梟の概念武装と同時使用で何かが起こる可能性がある。
『暁の魔弾』
―――――――――――アナスタシア―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
C B A C A D +1
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
ハープのような形をした、巨大な弓を生成する。弦は複数張られており、それぞれの弦から一本ずつ矢を射出可能。
出現と同時にアナスタシアの周りに補助用ディスプレイが展開し、半径20km以内の敵を完全に捕捉することが可能。
アナスタシアが視認した場所へと矢を個別に転位させ、針の穴を通すような精密性を持って撃ち抜く事が出来る。
副次能力として射程距離内の詳細なデータ抽出、マッピングが可能であり、未開地の探索に使用することもできる。
『雷鳴の重奏』
―――――――――――ジャンゴ・マキャフェリ―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
A A D C A E +2
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
雷を帯びた、伸縮自在の光の筒を生成する。筒の大きさは針の穴から大きな湖レベルと変幻自在。
筒の内部は物質変換器と電磁砲発射器の二重構造となっており、あらゆるものを電磁砲化して射出できる。
筒の長さは短ければ瞬発力重視の速射型、長ければ最高速&精密性重視の狙撃型と使い分けが可能。
現在の概念武装の中では最強クラスの物理破壊力を誇るも、最も仕様後の反動が大きく、菖蒲自身も使用後はただでは済まない諸刃の刃である。
【ケーニッヒレンディション】
『魔王の銃奏』
見渡す大地の全てを金色の環で包みこみ、環の内部全てを帯電可能な物質に変換、電磁砲化して惑星外まで撃ち出す。金莱の状態でなければ使う事が出来ず、また、金莱に変身している間一度しか使う事は出来ない。その効果範囲は当然、世界の果てまで続く限り及び、星そのものを丸ごと銃弾と変え、兵器として運用することすら出来る。



金莱時のみ使用可能なカード。
他のプライムベスタと違い、虹色に光り輝くのが特徴である。
また、ジュリオの持っている「dealer」のカードも同じ絵柄である。

『天に陽光、地に菖蒲』
―――――――――――ALL―――――――――――
破壊力 敏捷性 精密動作性 持続力 射程距離 成長性 戦闘ランク上昇度
EX EX EX EX EX EX
(A=極めて高い、B=高い、C=普通、D=低い、E=極めて低い) (数値)
蟲毒戦で放った、最終最後の概念武装。『神託の雫』をベースに全ての概念武装を複合し、レールガンの弾速、次元破壊効果、散弾、精密射撃、そしてカプランの絶対防御の転用により周囲の環境の完全保護など、攻撃手段としては最高の性能を誇る。その形状は武装と言うより漆黒の衣服であり、菖蒲の体を包み込んで全ての概念武装の発動を同時に可能とする。また、その際には菖蒲の体中に超高濃度の「黄金の魔力」が走り、その影響によって髪の毛は紅蓮ら魔族の触覚と同様の物質となる。全ての武装を攻撃手段として同時使用した際には、地上に凝縮された太陽が出現したかのごとき、超高熱、超質量の光球が出現する