邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ セヴィル・ルンゴード

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

セヴィル・ルンゴード


眼: 魔鏡眼(受けた魔法を吸収して自分の力に還元する 一日二回まで使用可能)
種族: 人間
性別: 男
年齢: 23
中の人:あおあお◆mp5Uhn38Hk
一人称: 私
二人称: 貴方、君
三人称:彼
口調: 相手を敬うような口調だが実は皮肉めいている
容姿1:外見は10代後半といっても通じる 銀の長髪に赤い目をしている
容姿2:171cm 60kg
装備:黒いフード付きローブに魔術師が好みそうな服を中に着ている 人差し指に赤い指輪がついている 魔導書を腰にぶら下げている。
使用技: 下級魔術~中級魔術 死霊術 簡単な錬金術も使用できる
戦術: 基本的には召還した悪魔や死霊を前線に置いて後方から魔術で攻撃する
職業: ネクロマンサー
所属組織: 不明

装備詳細
武器 ロッド
ブラックフード
魔術師の服
外套 ブラックローブ
赤水晶の指輪
魔術師の靴
アクセサリ ネクロノート

設定 元々は優秀な魔術師だったが、己の恋人を不慮の事故で無くし、死霊術に手を染める。
悪魔との契約により死霊術を得たのではなく、独学で死霊術を得たために
魂は闇に染まらず死霊術を扱える魔術師として生活している。
現在は失った恋人を蘇らせる完全復活の秘法を探すために各地を転々としている。
普段はネクロマンサーということを隠しながら旅をしているため、死霊術さえ使わなければ
サモナー寄りの魔術師だろう。勿論戦闘では死霊術を使うのだが…
ただし恋人のこととなると手段は選ばないため何をしでかすかはわからない。

赤水晶の指輪

恋人を亡くす前にお互いで交換しあった指輪。セヴィルは彼女に青水晶の指輪を送っている。
何か効果があるようだが中身は不明。

ネクロノート

ひょんなことから手に入れた死霊術の一部が記されている本。
死体の生成や、操作方法等が記されている

詳細戦闘力
破壊力 敏捷性 防御力 持続力 射程距離 思考力 成長性 総合
A C D B A B B B
魔術師として優れた能力を秘めているものの、力を引き出す前に旅にでてしまったので
魔術師の完成形になるにはまだ遠い。魔術師ということもあってか魔術に関するパラメータ以外は
一般人程度である。中距離~遠距離戦を得意とするため壁役をゾンビ等に任せている
魔鏡眼
相手の放つ魔法を眼の力によって拡散、その魔力をそのまま自分の力に還元する効果を持つ。
自分の任意のタイミングで発動するために魔術自体の存在に気がつかなければ意味がない。
一日に使用する回数は2回、持続時間もそれほど長くは無いが魔術師にとっては脅威となるだろう。