邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ クラウドブレイカー

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要


クラウドブレイカーは紅蓮が「リシアンサスの迅速な出動、戦闘補助」のために作り上げたぶっちゃけた話トンでもマシンである。
ベースマシンはSUZUKI「B-KING」だが、異様な改造のために若干原型が解らなくなりかけている。
外見自体は元車に赤いアクセントラインが入り、両サイドにジェットノズルと一体化したウイングがついた程度のものと思って貰えば良いかと。
資金がどこから出たのかは謎である。

スペック


菖蒲が以前、リシアンサスではジェットタービン搭載バイク「Y2K」を使用していたため、おそらく同じ仕様のほうが乗りやすいだろうと言う紅蓮の粋な計らいから、超音速航空機用ジェットエンジンを無理やり搭載している。
ジェットの噴射による推進ではなく、動力を全てホイール駆動に直結しているため、並のパーツでは駆動系が耐えられないので紅蓮がわざわざオリハルコンフレームをオーダーメイド。
フレームの剛性は他の素材では絶対に実現できないほど高く、もはやキチガイじみているとしか言いようのないボアアップのおかげで最高時速はめでたく700km/hオーバーを記録している(そこから先は計れなかったらしい)。
馬力に関しては計りたくもないらしい。

サスペンションはシリンダー型になっており、搭載されたジェネレーターから内部に伸縮性の高い魔粒子が満たされている。
急ブレーキ時にはサスペンション内の魔粒子を強制噴出し、無理やり減速する。

飛行能力


クラウドブレイカーはその名の通り、飛行能力を備えている。
飛行形体時には前後輪が地面に対して水平に向くように回転し、カウルが若干変形する。
その形態ではエンジンの出力は車輪駆動系から全てジェットノズルへとシフトされ、最高でマッハ2程度の速度での飛行が可能である。

さらに、飛行用ユニットと魔粒子ジェネレーターだけを切り離してリシアンサスに装着することも可能。
その形態ではリシアンサス単独で飛行能力を得ることができる。

装備


グリップ部は捻ると分離することができ、簡易タイプのブレード型マナウエポンとして使用可能。
魔術を付加し、魔剣士のような戦い方も可能となる。

また、ライト横には銃型のマナウエポンが搭載されており、これはバイクに乗ったままでもメーター部のスイッチからの操作で対空防御として使用可能である。
当然、こちらも切り離して拳銃として使用可能であり、魔術の射程距離を格段に上昇させることができる。
また、タンデムシート横には魔粒子マイクロミサイルポッドが搭載されている。

追加ユニット


ちなみに、上記は「軽装形体」でのスペックである。
「重装形体」では真紅の追加カウルといくつかのサブジェネレータ、サブスラスターが搭載され、さながら小型戦闘機のような姿をとる。
最高飛行速度はマッハ5となり、主要装備は魔粒子マイクロミサイル、魔粒子コーティングウイングブレードとなるが、正直なところ、ドラゴンやリヴァイアサンのような類の化物と戦わない限り出番はないだろう。