邪気眼を持たぬものには分からぬ話 まとめ @ ウィキ 悪魔の契約書

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

概要

 高位魔族や死神が他者を従わせる時に用いる契約書。
 一般に、彼らと交渉するか奪い取るかしなければ手に入らない。
 なお、高級・低級の概念は無いに等しい。
 強いて云うなら、契約書に書き込まれた製作者のサイン。
 高位の魔族が作ったものほど入手難度が高く、所持者の力を示せる。

 契約内容に関して記入できるのは甲のみ。
 名前は血液で記名する。

 未使用の契約書は黒い羊皮紙の姿を持つ。
 契約を完了すると黒いカードに変化し、表面には契約者の情報が、裏面には契約内容が表示させる。
 この状態の契約書は、特殊なカードリーダーを用いればプライムベスタと同様の効果を得ることが出来る。

 この契約で使役されるものは、凡て『悪魔』と呼称される。

『敢えて神を悪魔と呼ぶ』とは

 『真・女神転生』という物語において、もっとも重要なキーワードの1つ。
 様々な宗教(の民族とその崇拝する神々)が、異民族の宗教(とその崇拝する神々)に敗れることによって神としての地位を失い、「邪悪なる魔=悪魔」として虐げられてきた現実を踏まえての言葉。

 日本では、後から来た征服者(天津神)も、彼らによって平定された原住民(国津神)も、まとめて「神」と称している。
 つまり、「敢えて悪魔を神と呼ぶ」。
 これはその逆である。

効力

 乙が契約内容を理解した上、自分の意思で記名しなければ効力はない。
 “自分の意思で”という部分が極めて重要である。
 したがって強制力が非常に強く、偽名も無意味である。
 どのような術や能力を以っても、抗う事や解除する事は不可能である。

 様様な目的に活用出来るが、「契約者を自在に操る道具」ではなく「契約内容を遵守させる道具」と云った方が正しい。

 契約をすると、以下の特殊能力が使えるようになる。
  • 契約者との念話
  • 契約者の召喚
  • 契約者の力の限定使用(デビル・プライムベスタ)
 これらを行使するには、多少の生体エネルギー(スタミナや魔力と考えて差し支えない)を消耗する。
 Sランク以上の強力な悪魔を同時に複数体召喚するのは、術者が万全でなければ危険を伴うこともある。

原理

 契約と同時に、召喚に必要な儀式や呪文の情報を作成し、記録する。
 これを限定的に開放するする事により、『声』や『意志』や『能力の一部』を召喚する事も可能。

 魔力と引き換えに、異界の生物の力や超常現象を自在に発揮する『魔術』なども、限定的な悪魔召喚であると云えるだろう。
 極端に云えば、素養を必要としない以外、そういった体系化されている超能力と同じ理屈である。

契約内容:
『我、自ら選び取りし、如何なる結末も受け入れん』
『我、主が選び取りし、如何なる結末も受け入れん』
『悪魔の契約に従い、主の望むままに』
申込側(甲):ジュリオ=ジュースター
承諾側(乙):ネメシス