追加役職紹介


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


追加役職紹介

追加されている役職について大雑把に説明します


決定者

投票が同数になった時に、アナタが最多投票獲得者に投票していたならアナタの投票した者が選ばれます。
ただし、誰が決定者か本人にも内緒にされます。
  • 村長の選択により常にゲームに登場します。


薬師

アナタは1回だけ仮死状態の人を次の夜に復活させることができます。
アナタが行動しなくても朝になります。治療を行うときは夜が終わる前に実行して下さい。
投票で死亡した人のみ復活可能にです。
【能力発動】アナタは○○さんを治療しています。
  • 村長の選択、かつプレイヤー16人以上で登場します。


公証人

アナタは死者の遺言を集めます。アナタが死亡したとき集めた遺言は公開されます。
仮死状態の人は遺言を次の朝までに書くことが出来ます。
  • 村長の選択で登場します。


探偵

アナタは2日目以降夜に偵察できます。
ある日、人狼を発見するか。人狼に殺されてしまいます。確率は各30%です。
アナタが行動しなくても朝になります。偵察を行うときは夜が終わる前に実行して下さい。
【能力発動】アナタは○○さんが人狼であると発見しました。
【能力発動】アナタは夜の偵察をする予定です。
【能力発動】アナタは夜の偵察を行いました。
  • 村長の選択、かつプレイヤー18人以上で登場します。


夢遊病者

アナタが夢遊病者だと、狼に知られています。狼には殺されにくいですが、村人への証人が人狼では・・・
  • 村長の選択で登場します。


奇跡の人

アナタは人狼に狙われても1回だけ殺されません。
人狼に襲われても分かりません。能力が無くなっても気づかないのです。
  • 村長の選択、かつプレイヤー20人以上で登場します。


復讐者

アナタは死亡した次の夜に好きな人を殺害できます。
  • 村長の選択、かつプレイヤー21人以上で登場します。


記録者

アナタは過去の出来事をすべて記録し、いつでも参照することができます。
記録をたどり人狼のムジュンを指摘するのです。
  • 村長の選択、かつプレイヤー22人以上で登場します。


背徳者

人狼の勝利がアナタの勝利となります。
アナタは能力発動時に人狼以外のそれぞれの役職者が生存しているかを知ることができます。
1ゲーム中に1度、昼にしか使用できないので、能力の使い時が勝敗を分けます。
背徳者は夜の狼の遠吠え内容が理解できます。ただし発言者が誰かは分かりません。
背徳者は叫ぶことで人狼メッセージを伝えることができます。
ただし発言者が誰かは分かりませんし、妖弧にも内容が伝わってしまいます。
  • 村長の選択で登場します。
背徳者が登場すると二人目の狂人は現れません。


無職(仮)

アナタは1回だけ就職活動をすることができます。
就職活動を行うと突然死した人から役職を奪い取ることができます。
突然死した人がいなかったり、ただの村人だったりすると就職は失敗に終わってしまいます。
就職活動にはある程度時間がかかります。
人狼側の役職にはなりません。
  • 村長の選択により常にゲームに登場します。


審議者

アナタが生存している間、投票が同数になると再審議の時間が与えられます。
ただし、誰が審議者か本人にも内緒にされます。
  • 村長の選択により常にゲームに登場します。


異端者

妖狐の勝利がアナタの勝利となります。アナタは妖狐が生きているかどうかを知ることが出来ます。
また、アナタは夜のうちに自らを無残な死体として死亡することが出来ます。
村人を騙し、人狼を騙し、村を妖狐のものにするのです。
【能力発動】妖狐はまだ生きているようです。
  • 村長の選択により常にゲームに登場?


聖人

アナタは霊能者に聖人であることが知られてしまいます。
他の役職と同時に受け持つことができます。
ただし、誰が聖人か本人にも内緒にされます。
人狼側の役職者は聖人にはなれません。
  • 村長の選択により常にゲームに登場します。


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。