幸せ○○計画


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

幸せ○○計画(しあわせ~けいかく)


OB杉原氏構想の強化計画。
どんな車に乗ると幸せになれるかがコンセプト。
○○の部分には主に(当時)一年目CCミラージュ乗りの名が入る。

初代は「幸せ野口(05年度入部)計画」
CC4A NIVEC(MIVECが入ってない四駆のミラージュ)に乗っていたことから
→ MIVECエンジン乗せ換え → 1800エンジン乗せ換え → CD5A(1800NAMIVEC)に乗り換え → ターボ化 → エボに乗り換え
と順を追って出力を強化していくことにより最適な練習成果を得られる、と言う理論から立てられた計画。
その後何世代かにわたって立案されるも大抵は途中で頓挫するか二駆に乗換でルートからそれるか「CC→エボ」のように飛び級したりで、この計画通りに行った例はまだない。

三菱四駆系列は間に多数のステップを用意できるため、
CCに乗るとほぼ確実に「幸せ~」が発動する。
二代目「幸せ松下(06年度入部)計画」
三代目「幸せ村里(07年度入部)計画」
四代目「幸せ紙谷(08年度入部)計画」
五代目「幸せ和氣(09年度入部)計画」
05年度以降、毎年CC乗りの1年目が出現しているため恒例化しているが、
世代交代により、同発言を知る部員も少なくなってきた。

ちなみに、
二代目の経過:CC4A NIVEC → CD5A ターボ → 軽トラ(4駆) → ストーリア
三代目の経過:CC4A NIVEC(2代目のCCと同一車両)→ CJ4A(ハッチバック) → CJ4Aアスティ → エボ3 → エボ2.5(+ヴィヴィオ)
四代目の経過:CC4A MIVEC (ココ重要) → MIVECエンジン2基目 → CD5A(1800NAMIVEC) → CC4A(09年度北海道地区チャンピオンカー) → CC4A(NIVEC) → GC8 → GCB
五代目の経過:CC4A NIVEC → CJアスティ → エボ2 → GC8
六代目(?)の経過:CD5A(Turbo) → CJ4Aハッチバック → CJ4A Asti → EP82後期 → CJ4Aハッチバック

10年度7月現在、新たなCD5A(ターボ)乗りが現れたがコレを6代目として加えていいのだろうか・・・?
すでにCA・CCそのものが絶滅危惧種??

5代目以降、部内でCCに乗る人間が現れていないため、この構想は新たなサンプルデータがなく、また、経過を観るとある結論が導出できる。

その結論とは・・・「この計画に乗った者は最終的にスバル車に辿り着く」と考えられる。
スバル車がインプレッサに書き換えられる日もそう遠くない?


語録/サ行に戻る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。