ハンプティ・ダンプティ


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンプティ・ダンプティ(はんぷてぃ・だんぷてぃ)


マザーグースの童謡に登場するキャラクターである。ルイス・キャロルの『鏡の国のアリス』にも登場し、アリスと意味論についての議論を交わす。
しかし部内では部室の部員名簿の下に貼ってある、OB杉原氏の絵として知られている。

06年冬に製作されたらしく、らくがきと思われるがいまだにはがされていない。
劇画調の哀愁を秘めたその顔は当然のように卵形ボディーに収まっている。
そしてそこから伸びる長い足。どこからが頭かは定かでないが妙に頭身は高い。
背後には「ジョジョの奇妙な冒険」風のドドドドドドドドドッ!という効果音。
一度見たら忘れない、というより夢の中で追いかけ回されること必須。

OB松本氏が北海道をフェリーで去る際、最後にリクエストした人文字もこれだった。

そもそも杉原氏と松本氏の会話からこの絵が描かれることになった。

06年入部生にとって最初に部室に足を踏み入れた日の、
最も印象に残っているモノの1つといっても過言ではない。

そして、なぜか部室に落ちていた「ムスカ全台詞集」も高確率で記憶に残っている。


語録/ハ行に戻る

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。