死霊のしたたり3

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RE-ANIMATOR 死霊のしたたり3




概要

2003年の映画。
原題:BEYOND RE-ANIMATOR

死霊のしたたり』 と 『死霊のしたたり2』 の続編。


あらすじ

相変わらず死人を蘇らせる研究を続けているハーバート・ウエスト。
ある日、生き返らせたゾンビが逃走し、民家に入って女性を殺してしまった。
おかげで警察に御用となり、刑務所生活を送るハメとなるのだった。

そして、それから13年後。ムショでおつとめに励むハーバートの元に、
刑務所内にある診療所での助手の仕事がくる。
その仕事にハーバートを指名したのは、
診療所に新しく赴任して来た若い医師のハワードだった。
そして、このハワード、何と13年前の事件で殺された女性の弟なのだ。
あの日の後、事件で逮捕されたハーバートの事を調べ、
死体蘇生の実験をやっている科学者だと知ったのだ。
その事で復讐に来たのかと思いきや、
何とハワードは、ハーバートの実験の手伝いを申し出るのだった。
ハワードとハーバートは診療所の奥に秘密の実験室をこしらえ、蘇生薬の製造に精を出す。

そんな折り、ハワードといい仲になっていた、
この刑務所の記事を書こうとしている記者のローラが、
少々頑張り過ぎたせいで事件に巻き込まれ、所長に殺されてしまうのだった。
診療所に運ばれてきたローラの死体に愕然とするハワードだが、
次の瞬間には改良された蘇生薬と新技術ナノプラズマを使い、
生き返らせようとするのだった。


名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|