世にも奇妙な物語 映画の特別編

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

世にも奇妙な物語 映画の特別編
amazon plugin Error : amazonから画像データを取得できませんでした。時間をおいて再度実行してください。また、image=(画像URL)パラメーターを利用することで、画像データを取得せず表示することができます。


概要


2000年の日本映画。テレビドラマ『世にも奇妙な物語』の映画化作品。
「テレビでは製作不可能」と言われた4つのエピソードで構成される。


あらすじ


【ストーリーテラー】

大雨のため、青年(山本耕史)らは駅で足止めを喰らってしまう。
退屈凌ぎに青年は、ある雪山での話を
ロッカー風の男(佐藤隆太)に語り始めるが、オチを忘れてしまう。
それを聞いていたサングラスの男(タモリ)が続きを語りだす。

【雪山】

飛行機が雪山に墜落し、5人の男女が生き残る。
うち1人の麻里(中村麻美)は生き埋めになり、
友人の美佐(矢田亜希子)らが助けようとするも、
誤ってスコップで首を刺して麻里を死なせてしまう。
残った4名は山小屋に避難し、救助を待つのだが・・・。


【携帯忠臣蔵】

吉良上野介への討ち入りを悩んでいた大石内蔵助(中井貴一)は、
ある日、携帯電話を拾う。
電話の相手(八嶋智人)は未来世界の人間だった。

【チェス】

チェスの世界チャンピオンである加藤(武田真治)は
コンピュータの「スーパーブルー」に敗れ、チェス界から姿を消す。
数年後、浮浪者となっていた加藤に大富豪の老人(石橋蓮司)が一戦を持ちかける。
勝負を受けた加藤がふと窓の外を見ると、
道を歩く人々がチェスの駒のように並び、現在の局面と全く同じように殺し合いを始めた。


【結婚シミュレーター】

映画館の前でドラマのような出会いをし、結婚することになった千晴と有一。
ラヴラヴなふたりは、ヴァーチャルで結婚生活を疑似体験出来るという、
結婚式場の新サービス"結婚シミュレーター“を申し込む。
ところが、いざシミュレートしてみると、いくつもの問題が出てきて、
やがてふたりに離婚の危機が訪れる。


リンク




|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|