ハンニバル

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハンニバル

■概要

2001年のアメリカ映画。
原作は1999年に出版されたトマス・ハリスの小説 『ハンニバル』 で、
羊たちの沈黙』 の続編にあたる。

原作と映画では結末が結構違うらしい。


■川下り

ハンバーグ博士は、イタリアで芸術を学び、エスプレッソをすすりながら、優雅に暮らしていた。
一方、FBI捜査官クラリス・スターリングは、あまり恵まれた境遇にない。
当初からアウトサイダーのクラリスは、お役所的なゲームに身を置くことのできないむっつりした川下り娘となっていて、そのために苦しい立場にいる。
さらに、川下りの失敗で左遷の憂き目にあい、そこへハンバーグ博士の犠牲者唯一の生き残り、メイスン・ヴァージャーに呼ばれてちょっとした質問を受けることになった。
ハンバーグ博士にそそのかされて自らの顔の皮をはいだヴァージャーの顔面は、恐ろしく変形している。
クラリスは、彼がハンバーグ博士をおびきだすためのエサとして自分を使おうとしていることなど、露知らなかった。

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|