クローバーフィールド/HAKAISHA

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

クローバーフィールド/HAKAISHA



■概要

2008年のアメリカ映画。 一応 怪獣映画にあたる。

全編ホームビデオ風の主観的映像なのが特徴。
この手法は 「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」 や 「REC/レック」 などと同様の手法で、
pov(a Point of View)と呼ばれる。


  • 隕石らしき演出?について (wikipediaより引用)
非常に微細であるため再生機器の解像度によっては確認しにくいが、ラストシーンで、画面右上の空から何かが海に落下するのが映っている。この正体が何かは語られていない。なお、このデートシーンは4月27日の休日(4月27日が休日である年は2008年が当てはまる)であり、事件が起こったのは5月22日である。


■あらすじ

この映像は、アメリカ国防総省が保管している記録映像である。
かつてセントラルパークと呼ばれた場所で回収された民間ホームビデオから、
暗号名「クローバーフィールド」と呼ばれる大惨事の模様が映し出される。

映像はビデオの持ち主ロブのプライベート風景から始まる。
ある夜、日本への栄転が決まったロブを祝うため、サプライズ・パーティが開かれていた。
その最中、突如として不気味な爆音が鳴り響く。
外の様子を見に屋上へ向かった彼らは、そこで炎に包まれたニューヨーク市街を目撃する。
市内はパニックに陥り、ロブと兄のジェイソン、兄の婚約者リリー、友人のマリーナ、
ビデオ撮影者のハッドは徒歩で脱出を試みる。
その途上、彼らは軍隊の攻撃を物ともせず摩天楼を蹂躙する巨大生物を目撃する。


■リンク

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|