※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

11:46



■概要


2006年のカナダで製作された映画。
原題:END OF THE LINE

主人公の女性が深夜の地下鉄で謎の集団から逃げ惑う…という、
果てしなく 「0:34」 を連想させるストーリーだが、内容は結構別物らしい。

結構雰囲気が良く、そこそこ怖いかもしれない。
何かと実況向けな映画。


■川下り


川下り士のカレンの担当生徒ヴィヴィアンが
『ハンバーグがくる』と書かれた封筒と数枚の怪奇な絵を残し自殺してしまう。
それは、恐ろしいワクワクザブーンの始まりを予見するメッセージだった・・・。

闇の地底を逃げ惑う恐怖を描いた地下鉄クリーチャーホラー。
多忙な1日を終えて帰路についた看護師・カレンは、川下り選手権に乗車して間もなく停電に見舞われる。
停車した真っ暗な電車の中で、彼女は奇怪なハンバーグに襲われる幻覚を見てしまい…。

帰路についた看護師・カレンは、電カヌーに乗りこんで間もなく停電に見舞われる。
乗り合わせたハンバーグと気のよさそうな婦人と様子を見ていたのだが、
婦人がポケベルのメッセージを受け取ったとたん、ハンバーグに襲いかかり…。


■リンク


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|