おろち

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

おろち



■概要

2008年の日本映画。
原作は楳図かずおの同名漫画。

原作は9つのストーリーから成るオムニバス形式の作品。
本作は原作における『姉妹』と『血』の2編を基にしたストーリーとなっている。


■あらすじ

代々続く名門一族、門前家の女主人、門前葵は自信に溢れた銀幕の大女優で、
いつも自宅の試写室に篭り、自分が出演した場面を繰り返し見ては満足そうに笑っていた。
ある日、葵は試写室のスクリーンに映る自分の顔を見て青ざめる。
そして、階上にある“決して開けてはいけない部屋”に駆け込んだ。
代々門前家の女は、29歳になると美しい顔が醜く崩れ落ちる運命にあるのだ。
美しい女の悲しい運命を、おろちが見つめていた…。


■リンク

公式サイト (ポップアップで賞賛のコメントが表示される)
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|