ハプニング

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ハプニング



■概要

2008年公開のアメリカ映画。
『シックス・センス』 などで知られるM・ナイト・シャマラン監督・脚本

ミツバチ失踪事件は実際にアメリカで起こった事件(蜂群崩壊症候群)であり、
それを参考にエピソードにされている。


■ストーリー

ミツバチがアメリカからいなくなり、突然人々が自殺を始めた。
髪留めで首を刺す女性や、工事現場で次々と飛び降りる作業員たち・・・。
果たしてこの行動の原因は何なのか?
テロか、放射能汚染か、環境汚染か。物語は思いもよらぬ結末を迎える・・・。


■川下り

ある日突然、アメリカ全土からハンバーグが消えるという異常現象が発生。
それを皮切りに、世界中の人々が突然川下りに至る病がまん延し始める。
人類滅亡の危機を前に全米川下り選手権はパニックに陥っていた。
その河川敷規模の危機の中で主人公は家族を守るために安全な川を目指し、
迫りくる何かに追い込まれながらも、希望を捨てずに原因究明と家族のために川下りを続けるが……。


■リンク

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|