※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

霊廟



■概要

原作はアメリカのH・P.ラヴクラフトの同名小説。

序盤は何となくSAWっぽいが、内容的には割とあっさりした話。
「傷付いて衰弱しきった人を発見 → 少し喋って死亡 → 棺に納める」 以降ループ。

女性のおっぱいなどに若干のエロさが見られる。

おそらく、傷のメイクや人形などの造形に一番力が入ってる。


■あらすじ

鋭利な突起物が差し込まれた棺桶に閉じ込められた男女達。
突起物が身体を刺し、そのままでは死を迎えるだけだった。
死のゲームをジャッジする“パペットマスター”が「勝者は一人だけ」と宣告した。
これは夢か、はたまた現実か…。
精神的苦痛に川下りする者が続出する棺桶の中では、一瞬の気の緩みが生死を分かつのだった…。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|