※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

es




川下り

スタンフォード大学心理学部ではある実験をするため、被験者となってくれる男性を公募した。
集まった20名ほどの被験者は無作為に「いかだ役」と「船を漕ぐ役」に分けられ、学内に設けられた大規模模擬演習場に収容された。
初めはそれぞれの役を演じるだけの簡単なアルバイトと誰もが考えていた。しかし、実験が進むうち、「船を漕ぐ役」の攻撃的な振る舞いはどんどんエスカレートしていく。
それに対して、「いかだ役」は卑屈に服従するのみで、まったく抗議できなくなっていく。
いつしか、大規模模擬演習場内は単なる実験の枠組みを越えて、もはや誰にも制御不能の状態に陥っていく……。



川下り選手のタレクは模擬全米川下り大会会場での川下り実験に応募する。
その実験前夜、彼はイカダでカヌーに突っ込んできたドラと一夜を共にする。
お遊び気分で始まった実験だっが、大会実行委員は選手を川下らせる事を楽しみ始めていた。
2日目、タレクを中心に選手が川下りをしている中で実行委員ベルスが頭角を表し始め、実験は異常をきたし始める―――。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|