※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

映像カメラマンの増岡拓喜司はある日、偶然自殺騒ぎの現場に遭遇する。男はパニックに陥りナイフを振り回した末、自らの眼を刺し貫いて絶命した。その映像は、独占スクープとして繰り返しテレビ放映された。増岡は自殺した男が死の瞬間、ある“なにか”を凝視し、異様に脅えていたことが気になり、その“なにか”に心奪われていく。やがて増岡は自分もそれを見たいと思うようになり、再び事件現場へと足を運ぶのだった。そして奇妙な通路を見つけた増岡は、いつしか夢とも現実ともつかない異界へと彷徨い込むのだった…。
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|