※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

LOFT




スランプに陥り、執筆に専念するため担当編集者が用意した
東京郊外の空家に引っ越して来た作家・春名礼子。
森と沼と草原に囲まれて、ひっそりとたたずむその洋館の向かいには、
大学の研修所だという不気味な建物があった。

ある日、そこに出入りする男を見かけた礼子は、
廃墟のようなその建物の中に魅入られたように近づいて行く。
そこにいたのは考古学教授の吉岡誠。
彼は、千年前に沼に落ち、泥の成分でミイラ化した女性をそこで極秘に保存していたのだ。
それ以来、礼子の周りでは不思議な現象が多発し始める…。



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|