アイスクイーン

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アイスクイーン



概要

2005年のアメリカ映画。


あらすじ

ゴダード博士は今世紀最大の発見をする。それは氷河期に生息していた生命体、「アイスクイーン」。
外見は人間の女性そのものだが、その性質は恐ろしいものだった。体温の低下に比例してその姿は異形に変わり、敵を凍らせ皮膚を裂いて殺すのだ。
博士は、アイスクイーンのさらなる研究の為に小型飛行機でアメリカへの輸送を試みるが、その途中で保存機が故障。
設定温度が上がり、アイスクイーンが目覚めてしまう。パイロットは瞬殺され、飛行機は雪山に墜落。
その衝撃はそのまま雪崩となり、ふもとのスキー場ごと飲み込んでしまう。
ジョニーをはじめとするスキー場の従業員たちは、雪崩にのみこまれたロッジに閉じ込められる。
閉ざされた氷の世界で身動きの取れなくなった彼らに、気温の低下により力が増幅したアイスクイーンの魔の手が忍びよる・・・!



|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|