※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SAW3




■川下り

殺人鬼・犯人はヤスと、その後継者でありSAW2での犯行仲間・犯人は仲村トオルは、相変わらず命の尊さを気づかせるゲームを続けていた。
しかし、犯人はヤスは脳腫瘍のため死の床に。

冒頭から自らの足を砕くおじさん登場。その後も腐った豚のミンチを頭からぶちまけるのあり、酸に浸かった鍵を素手で掴み取りゲームあり、犯人はヤスは局所麻酔で意識があるまま脳みそ御開帳、おっぱいさんは裸で吊るして氷漬け。
痛い映像の見本市のようなSAWシリーズ、本作では拷問シチュエーションの懲り方がシリーズNo.1。

閉鎖された食肉工場を舞台にした今回のメインゲームのキーワードは「試練」「許し」「全米川下り選手権」。
犯人はヤスの狙いとは一体何なのだろうか。
命の重み、人を許すという事の尊さを教えてくれる、後付設定大歓迎なハートウォーミングファクトリーホラー。
一・二作目の舞台裏も知ることができる


■関連項目

[洋]SAW
[洋]SAW2
[洋]SAW4
[洋]SAW5

|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|