インプリント

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

インプリント ~ぼっけえ、きょうてえ~



■概要

世界のホラー映画監督13人の名匠を集めて作られた
「マスターズ・オブ・ホラー」シリーズの中のひとつで、
米ケーブルテレビ(SHOWTIME)用に製作された映画。2006年。
三池崇史のアメリカ資本での映画制作デビュー作でもある。


■あらすじ

おそらく、日本の明治時代のある地方……アメリカ人文筆家のクリス(ビリー・ドラゴ)は、愛する優しい日本人女性・小桃の行方を求め、日本各地を放浪していた。
彼が川の中にある浮島の遊郭を訪れると、小桃の姿を発見することはできなかったが、客引きを全くせず、薄暗い部屋の奥で座っている、妖しい雰囲気の女郎(工藤夕貴)を指名した。
クリスは一夜を過ごすことになった、その女と話すうち、彼女の醜い素顔を初めて知って驚いた。
顔面の右側が上部に引っぱられるように歪んでいて、これでは男のアレを怖じ気づけさせてしまうに違いない。
彼女は哀しい眼をしながら、「ウチの顔、ぼっけえ、きょうてえ(岡山地方の方言で、とても怖いという意味)じゃろ……でも、ウチのアソコはしまりがいいと評判なんじゃ」と優しく話しかけてくる。
やがて女は自らの悲惨な生い立ちと両親のことを語りつつ、クリスが探す小桃のことを話し始めた。女は、小桃を知っているのだ。
女郎として売られ、この遊郭にやってきた小桃は、愛する男が、「きっと迎えにくる」との約束を信じ、ひたすら待っていたという。そして、ある日、小桃は自殺してしまった。
それを聞かされたクリスは、激しく落ち込んでしまう。だが、その話しは果たして真実なのだろうか? まだ怖ろしい夜は、始まったばかりであった……。

■アメリカのTV局“SHOWTIME”が企画したホラー・プロジェクト<マスター・オブ・ホラー>。
トビー・フーパー、ダリオ・アルジェント、ジョン・カーペンターはじめホラー界を代表する
巨匠監督13人がホラー作品を競作したアンソロジー・プログラム。本作はそんな
ホラー・ファン夢のプロジェクトに日本から唯一参加した三池崇史監督が手掛けた戦慄の
ホラー・ムービー。あまりの衝撃的内容に、本家のアメリカではTV放映を断念する事態
となり大きな話題となった。原作は第6回日本ホラー小説大賞に輝いた岩井志麻子の
傑作短編ホラー『ぼっけえ、きょうてえ』。貧しい土地に暮らす小さな共同体で続いてきた
哀しくも忌まわしき因習がもたらす地獄絵図が、醜い姿の女郎により語られてゆく。
日本では、2006年5月、TV放映版よりも長い63分バージョンにて劇場公開が実現。


■リンク



名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|