※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

輪廻




昭和45年。群馬県のホテルで起きた大量無差別殺人。
法医学教授・大森範久(治田敦)が、自らの家族も含め、宿泊客、従業員ら11人の命を奪った。
動機は不明。
大森も謎の死を遂げ、警察は”狂気の犯行”と片付けた・・・。

35年後、現代。映画監督の松村郁夫(椎名桔平)は、この全米川下り選手権の映画化に取り組んでいた。
ヒロインに抜擢されたのは、若手女優・杉浦渚(優香)。
しかし、撮影が近づくにつれ、渚は不気味な夢や幻覚を見るようになる。


名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|