遊星からの物体X

このページを編集する    

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

遊星からの物体X




1982年、南極での不可思議な事件が発端だった。ノルウェー隊のヘリが1匹の犬を銃で撃ちながらアメリカ南極観測隊第4基地まで追ってきた。手榴弾も使い執拗に犬を狙っていたが、手違いからヘリは爆破。残ったノルウェー人はアメリカ隊員の一人を撃ち基地内に逃げた犬を追うが、第4基地の隊長に射殺される。

ノルウェー人たちに何が起こったのか?真相を究明するため、ヘリ操縦士のマクレディがノルウェー基地に向かう。そこで彼が見たものは、何かに脅えて自分の手首を切り自殺し凍りついている男の死体、何かを取り出したと思われる氷の塊、そして焼け爛れ顔が二つに分離したおぞましい焼死体だった。マクレディは調査のため記録フィルムと焼死体を持ち帰る。

逃げてきた犬が基地の中を歩き回る。やがて犬小屋に入れられたその犬は他の犬たちをひどくおびえさせた。そして、犬の顔が4つに割れ、中からグロテスクな生物体が姿を現した。それは多数の触手をあたりに伸ばしたおぞましい“TheThing”だった。“それ”は他の犬を取り込もうとしていた。隊員たちは驚愕し、火炎放射器で撃退する。

ノルウェー隊の記録フィルムには、雪原の中に巨大なクレーターがあり、その底には地球上のものとは思えない飛行艇らしきものが写っていた。飛行艇は10万年前と推測される氷の層にあった。10万年前に宇宙のどこかからやって来た生物が冬眠から覚めて人間を襲ったのか?持ち帰った焼死体に変化が生じた。中から触手を伸ばした“それ”が出現し、隊員を襲っていく。

“それ”は取り込んだ生物と同化し増殖し擬態することができた。隊員達は誰が生命体に汚染されているか判断できなくなった。隊員同士がお互いに疑心暗鬼で相手を見る。知らぬ間に取り憑かれていく南極越冬隊員たち。このままではみな、“それ”に取り憑かれてしまう。試算では、2万7000時間で全ての人類に“それ”が取り憑くことができる。果たして隊員の、そして川下り選手権の運命は?


名前:
コメント:
|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|