※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

508 :VIP足軽roop:2006/11/23(木) 01:42:19.15 ID:r1uxglDdO
じゃあ、グロダメな方はあぼんしてください。
地獄編
始めの日。
彼女は僕を縛り上げた上で性行為をした。処女だった。
「男さんは私だけ見ていて!ずっと!ずっと!」
そう叫びながら彼女は何度も何度も僕を犯した。正直、幸せだと思ってしまった。彼女は表現が過激なだけ。そう思うとなんだか彼女を愛せそうだと思った。
しかし、まだ地獄のドアは開かれてもいなかった。


509 :VIP侍:2006/11/23(木) 01:44:38.87 ID:r1uxglDdO
2
数日間、天国のように思えたがすぐにそれは序章に過ぎないことに気付いた。
幾日か過ぎた頃、彼女は見慣れない器具を持ってきた。
「それは何だ?」
尋ねる。
「男さんが私無しには生きられなくなる魔法の道具です☆」
奴は無邪気に言った。
その道具はペンチに近い形をしていた。
僕は歯を抜かれた。すべて。わめいた。さけんだ。だが奴は僕の歯をすべて抜いた。
笑顔で…


510 :VIP足軽roop:2006/11/23(木) 01:46:55.14 ID:r1uxglDdO
3
それからは食事になると奴が租借をして口移しで食べさせられるようになった。
最初こそ不快感の為に嘔吐したりしたものの数日経つと生きるために体は受け入れはじめた。奴は
「私が居ないと男さんは食事すら出来ないの……うふふ。まるで鳥の親子みたいですね☆」
と言って楽しそうにしていた。確かにそうだ。
僕はもう租借も出来ない。


511 :VIP侍:2006/11/23(木) 01:48:25.76 ID:r1uxglDdO
4
さらに数日が経つ。
奴は僕の両足をきつく縛り、目隠しをした。
「少し痛いけど我慢してくださいね☆ワシタチガサラニヒトツニナルタメデス。」
声に抑揚がない。いやな予感がした。
そして……………奴は僕の両足を切った。
痛みは、もはや一定以上は感じなかった。
「これであなたはもっと私が必要になります。お手洗いに行きたい時は言ってくださいね☆」
もう、声は出なくなっていた。


512 :VIP足軽roop:2006/11/23(木) 01:50:08.03 ID:r1uxglDdO
5
それから数週間は一日に3回の食事、トイレ以外は奴は僕の上。つまり、性行為に耽っていた。
もはや快感などはないただの結合。肉と肉のぶつかり合い。
僕はかつて足という機関があった場所に力を込める。虚しくも幻覚だけが奴を蹴りあげる。
手は縛られたままで使い物にならなかった。
いや、切り取られるのが恐くて使えなかったと言うのが正しい。
縄は緩かった。


513 :VIP侍:2006/11/23(木) 01:52:41.27 ID:r1uxglDdO
最後
何年が経ったか分からない。
だが、随分と長い時間が経った。その間に、手が無くなった。
彼女は子を産んだ。そして殺した。その後、こう言った。
「ここは私と男さんふたりの世界☆邪魔は許しません♪ダレニモ。フフフフ」
僕はそっと目を閉じた……二度と開かないことを祈りながら。