※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

411 :男の日記1:2006/11/22(水) 14:19:42.98 ID:ngNuD6B30
11月23日
女さんという人が転校してきた。
美人で物静か、しかも編入試験の結果は殆ど満点に近かったという噂まである。
友のやつも舞い上がってた。
まあ、俺は可愛い幼が居るからいいけどな。

11月27日
今日の雨は凄かった。
女さんが傘を持ってきていなかったから貸してあげた。
幼に入れてもらったけど、複雑な気分だって言ってた。
女さんはあんまり話さないから、俺としてはそんなに気になる存在でもない。
でも明日はフォローもかねて幼を可愛がってやろうw

11月28日
驚いた、あんなに女さんが話しかけてくるなんて。
しかもメチャメチャ明るかった。
なんで今まであの明るさを出さなかったんだってくらい。
学校内で女さんの株が急上昇中。
隣のクラスにはもう告白するとか言い出した奴までいた。
俺も幼の中でちょっとは株上がったかな?
三段アイスの出費はちょっと痛かったけど。


412 :男の日記2:2006/11/22(水) 14:19:57.67 ID:ngNuD6B30
12月5日
最近女さんとの事をよく書いてる気がするが、今日も女さんのこと。
話していて凄く趣味が合うことに気がついた。
服も音楽も本も、よく見たら腕時計も同じ会社のものだった。
友が冗談で幼よりも気が合うんじゃないかって言ったが、まあそこまでじゃない。
今度のコンサートは俺も幼も絶対行くって決めてるけど、そんな熱狂的な感じじゃないもんな。
あ、書いてて思い出した。
絶対チケット手に入れるぞ!!

12月13日
ここ数日、幼の元気がない。
話してる時は楽しそうでも、なんか疲れてる感じでおかしい。
あの日…ってわけでもないよな。
たぶん試験疲れだろうから、どっか遊びに連れて行ってやろう。


443 :男の日記3:2006/11/22(水) 20:14:15.46 ID:OF7YJkvb0
12月16日
幼と水族館でデート。
幼は待ち合わせの時は浮かない顔をしてたが、水族館についた途端にはしゃいでいた。
少し痩せたらしく、新しい服が反則的に似合ってた。
そんなにダイエットしなくても充分スタイル良いのに、幼ガンバリすぎ!!
でも熱帯魚を見ていたときにハプニング勃発。
隣の水槽が突然割れて大騒ぎになった。
幼はモロに水を被ってビショビショ。
怪我が無かったから良かったけど、寒さでガタガタ震えていた。
しかも余程驚いたのかうわごとまで言い出す始末。
平謝りしてる係員に蹴りを入れようかとも思った。
まあ、幼を帰すのが先って事でデートは中止して家まで送り届けた。
もうあの水族館には行かん。

12月17日
幼が風邪ひいてないか心配だったので、買い物ついでに家に寄ってみた。
おばさんが出て「心配ない」だって。
だったら変わってくれればいいのに、安静にしておきたいんだとか何とか。
それ心配するだろ、普通。
あとスーパーで女さんと会ったけど、夕飯はウチと同じでロールキャベツらしい。
こんな偶然あるんだな。
446 :男の日記5:2006/11/22(水) 20:30:01.29 ID:OF7YJkvb0
12月18日
幼が遅刻してきた。
かなり窶れてるように見えた。
元気が無いとは思ってたが、もしかして水族館で本格的に具合悪くなったか?
コンサートのチケット手に入ったけど、これじゃあ誘って良いか悩む。
あと元気って言えば女さん、本当に賑やかな人だったんだな。
転校してきてすぐに馴染めなかったけど、本領発揮してはしゃいでる感じ。
なんか幼が静かになった分、入れ替わった気がする。
今、俺へんな事書いてるかも。

12月23日
しばらく様子見でイチャイチャしてなかったから欲求不満w
でも幼の体調が回復してきたみたいだから、明日のコンサートに誘ってみた。
結果は……
二つ返事のOKだった!!
やっぱ幼はこうでなくちゃな。
448 :男の日記6:2006/11/22(水) 20:50:45.46 ID:OF7YJkvb0
12月24日
幼にドタキャンされた。
その上、迎えに行った時なんてヒステリックに叫ばれた。
「もう嫌だ」とか「許して」とか。
正直俺にはワケが分からない。
しばらく粘ったけど駄目で、諦めて帰る途中で女さんに会った。
意外にも予定が無くて散歩してたらしい。
たしか前に女さんもこの歌手が好きだって聞いてたから、冗談のつもりでチケットをあげると言ってみた。
勿論俺も一枚余っちゃうから、ただあげても構わなかった。
ただ、女さんは直接行くって感じじゃなかったから、そういう意味で冗談。
でも女さんは一緒に行こうと言い出して、結局付いて行って一緒に聴いてきた。
幼には悪いけど、すっげー楽しかったし女さんも喜んでくれた。
ドタキャンする奴が悪いんだよな。

12月25日
昨日の事をよく考えてみたら、幼に理由をちゃんと聞いてやれなかった気がしてきた。
幼がいきなりあんな事言うなんて、普通有り得ないよな。
正月明けまで補習も無いし、明日は幼に会ってトコトン話し合ってみようと思う。
よし、ガンバレ俺!!


449 :男の日記7:2006/11/22(水) 21:04:44.70 ID:OF7YJkvb0
12月26日
また玄関で突き返された。
っていっても幼にじゃなくて、おばさんに。
幼は部屋に閉じこもってるらしい。
どうすればいいのか分からなくて、本当に途方に暮れてたんだが、その帰りにまた女さんに会った。
女さんの家はこっちじゃないと思ってたんだが、どうやら散歩コースがこっちらしい。
その時閃いたんだよ、幼と女さんって性格が結構似てる。
アドバイスが貰えないかと喫茶店に寄って最近の事を色々相談してみた。
そしたら、言いにくいけどって少し躊躇いがちに教えてくれた。
「幼さんは男さんに会うのが苦痛になってるのかも知れないよ」って。
そうなのか?俺は気が合う奴だと思ってたんだが…
俺はずっと好きだった、幼も好きでいてくれると信じてた。
でもアレは女さんの言うように、俺と会うのが苦痛になって拒絶してるようにも思える。
しばらく会いに行くのは止めてみよう。
454 :男の日記8:2006/11/22(水) 21:23:38.61 ID:OF7YJkvb0
1月25日
思い返してみると幼と長時間話したのは一ヶ月前だ。
学校でもそれとなく避けてる感じがする。
そろそろ幼とちゃんと向かい合って話したい。
俺は逃げてるんじゃないかって心配になったが、女さんがいつも慰めてくれるしアドバイスもくれるから大丈夫だと思う。
幼も俺が不安になったとき色々慰めてくれたけど、女さんは以前の幼より優しいんじゃないか?
もしかしたら幼は無理してたけど、本当に心配してくれる人ってこうなのかも知れない。

2月6日
幼が少し元気を取り戻したと思って、廊下で声をかけてみた。
でも俯いたまま黙り込んでて、顔を上げたと思ったら凄い顔をして逃げていった。
立ちつくしていたら、女さんに後ろから声をかけられた。
その幼を心配するような哀しそうな表情を見て、やっぱり俺は嫌われてしまったんだって気が付いた。
女さんは俺より早く気が付いてアドバイスしてくれたのに、俺は無駄に幼を傷付けてしまったみたいだ。
456 :男の日記9:2006/11/22(水) 21:43:26.95 ID:OF7YJkvb0
2月14日
女さんにチョコを貰ってクラスの男子全員に睨まれた。
ラッピングを見ると本命っぽかったからなんだが、多分幼に嫌われて傷心中だって知ってたから同情だと思う。
でも、俺の方はちょっと女さんに惹かれてるかも知れない。
なにせ話も合うし気も合うし、おまけに美人で優しい女さんだ。
これで惹かれないのがおかしかったんだ。
先にちょっと可愛い幼に会ってしまったから、周りが見えなくなっていたんだろう。
なんだ、こうやって冷静に考えれば、俺がどれだけバカな事をやってきたか分かってくる。
明日は女さんに告白しよう。
幼とは話せそうに無いから、手紙でも送って…

2月15日
俺は今、世界一幸せな人間だ!!
俺の告白に頷いてくれた時の女の顔は、まるで女神の微笑みだった。
その後、ちゃんと幼と別れたか、他の人に目移りしないか、自分だけ愛してくれるか、なんてもう恋人っぽい事を聞かれてしまった。
まさか女がこんな熱烈に気持ちに答えてくれるなんて、今まで思ってもみなかった。
気が付かなくてごめん、これからはキミを大切にするよ。
460 :男の日記10:2006/11/22(水) 22:07:04.15 ID:OF7YJkvb0
2月15日
結婚式は大成功に終わった。
3年前の今日、女と結ばれたあの時を思い出しながらの式は本当に幸せのひとときと言えた。
当然とも思うが、結局幼は欠席どころか招待状の返事も返してくれなかった。
式が終わった後、ひたすら羨ましがる友に聞くところによると、幼は精ネ

女「ねぇ、また律儀に日記なんて書いてるの?」
男「癖なんだよ、仕方ないだろ」
途中まで書いたところで、後ろからしなだれかかる女に妨害されてしまった。
女「っもう!!私以外の事は書いちゃ駄目って言ったのに」
男「それじゃあ日記にならないだろ。女の行動記録じゃないんだからさ」
女「………………」
男「またか」
同棲を始めてから、女は俺が他の女性の事を考えることすら嫌だと言い始めた。
そして、それに対する俺の反論に絶対的な威力を誇るのがコレ。
しっかり抱きついたまま、押し黙って離れようとしないのだ。
コレに対処する方法は、寝るまでまってベッドに連れて行くしか無い。
今日も仕方なくベッドまで女を運び込むと、床に見覚えのある紙を見つけた。
『招待状  家隣 幼 様』