福岡ソフトバンクホークス16年度


総評

投手陣の移籍・引退による大幅な選手交代により戦力的に昨年よりも厳しい幕開けとなった。
当初から低迷し交流戦を挟み最下位争いをするが終盤の連勝で追い上げで4位。
打撃陣の活躍は昨年とさほど変わらなかったが、投手陣は戦力低下の穴を埋める活躍で奮闘。中でも今年から抑えに転向したパンツを脱いでが、最多セーブとなる34Sを挙げた。中継ぎでは成績不振だったが抑えとして覚醒した。
今年は4位と耐える年だったが、オフで投手の入団を期待して来年はAクラス入りを狙いたい。

選手紹介


15年度オフシーズン選手移動状況


ドラフト入団選手
新規入団選手
紅鮭(いくら丼)野
ゴリラ松井(ランディ)野
根本隆史(名無し)投
井野兼伊知(名無し)投
古賀景一(名無し)投
引退選手
B(びー2)投
メカどぜう(dozeu)投
転生選手
橘みずき→神高龍(ぱっつん)投→投
移籍選手
☆★新星浅川★☆(春)野→西武
mix-p(白兎)投→オリックス

交流戦成績

順位 勝利 敗戦 引分 勝率
4位 20 15 1 .571

リーグ戦成績

年度 順位 勝利 敗戦 引分 勝率 打率 防御率
16年度 4位 71 74 2 .490 .287 3.84

タイトル

タイトルホルダー
最多セーブ パンツを脱いで (初)34S
ベストナイン
捕手 ザラブ (3)

歴代最高記録更新

なし