福岡ソフトバンクホークス28年度

総評

昨年と同様に全体的に少し不調で思うように成績が伸びず、上位3チームに大きく負け越したままシーズン終了した。
パンツを脱いでの能力が不安視され今年から抑えにNewhigh2が入ったが、不慣れな抑えで思うように仕事が出来なかった。今年も安定した成績を残した神高龍も今シーズンで最後となり戦力低下も必至で各選手不調を脱しきれないままなら、まだまだAクラスの壁は厚いようだ。

27年度オフシーズン選手移動状況

ドラフト入団選手
新規入団選手
メタボパワー(ピザハット)投
引退選手
転生選手
移籍選手

交流戦成績

順位 勝利 敗戦 引分 勝率
4位 18 18 0 .500

リーグ戦成績

年度 順位 勝利 敗戦 引分 勝率 打率 防御率
28年度>http://highpena2.com/?mode=team&team_id=7&year=28? 4位 60 85 1 .414 .288 4.55

タイトル

タイトルホルダー
ベストナイン
ゴールデングローブ賞
遊撃手 風祭みやび (3)
外野手 キンプン (4)

歴代最高記録更新

なし

選手紹介

野手(28年度)

選手名 短評
バルJr.>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1145?&br()(VAL)
風祭みやび>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=901?&br()(mame) 将来チームの守備をになう選手。低能力にもめげず着実に成績を残している。前世の成績からも今後の活躍が期待される。エロゲとか言うな^^;
マーク>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1366?&br()(コザック)
はと>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1285?&br()(ころろ)
ゴリラ松井>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=975?&br()(ランディ) HRバッターとして期待の選手。初年度から17HR65打点を記録した。
カブト>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1129?&br()(カブトゼクター)
メフィラス>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1218?&br()(星人)
キンプン>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1192?&br()(ショー)
サムエル>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1013?&br()(アイマール) 守備型として登録しつつもTE持ちの不運な選手。即戦力の守備型として期待される。転生早々結婚し一部の羨望の的となった。

投手(28年度)

選手名 短評
神高龍>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=961?&br()(ぱっつん) チーム事情により中継ぎ型から先発型に転生。1年目から2ケタ勝利となる12勝をあげた。その実績から今期は2年目ながら2番手に抜擢されている。投手陣のまとめ役。
六代目藤岡隊長>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1136?&br()(輸送隊)
おれんじ2>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1122?&br()(豊田真一) リフレッシュしたおれんじ。その能力から初年度からの活躍を期待される。
るんるん澪てぃ>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1196?&br()(澪てぃ) 速球が自慢のドラフト投手。優勝請負人
オロッチ王子>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1265?&br()(オロッチ王子)
えるっち>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1295?&br()(える)
メタボパワー>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=1386?&br()(ピザハット)
Newhigh2>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=907?&br()(high2) 寡黙にチームを支える中継ぎ投手。
パンツを脱いで>http://highpena2.com/?mode=person&user_id=656?&br()(天使の跳躍) タコ踊り投法から変化球ミレニアムを操るチームの守護神。状況に応じて中継ぎ先発と黙々と役割をこなし、抑えに抜擢された昨年度は最多セーブとなる34Sをあげた。