※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

独り哀しき夜に

夢の中で君に出逢えたなら、

たとえ何かの設定がリセットされて

僕が君を知らなかったとしても

逢いたいと想える…

もしその設定で僕が

君を嫌いだとしたら、

笑顔でいられる自信がない

情けない…

だから現実世界ではおとなしく

眠っているだけ




名前:
コメント: