※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

秋の夕暮れに見える空
ついさっきまで白紙だった
無限に広がるキャンバスに
黒い砂 一握りこぼしてみた

『雲行きは如何ですか』
今 撒き散らしたところ
夢と絶望と希望と挫折…
そんな言葉たちを

君には見えるかい?
あの新しい光が…
決して遠ざかりやしない
地を踏みしめた分だけ
近付いてゆくのさ…!
君には見えるかい?




名前:
コメント: