※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

誰にだってあるだろう
哀しくてたまらないときぐらい
この地に降り注ぐ雨が
ここで暮らすみんなの泪

小さい頃パパが
『高い、高い。』って
してくれたのを覚えてて、
あのときの自分に
還りたくなることがある
だから、

青空に続く道に
願いを込め唄いながら
駆け上がった先には、ほら
海も街も、雲も空も、
ちっぽけに見えるから

そこで流した君の泪
空を伝い、雲を突き抜け、
街に降り注ぐ雨となり、
大きな海になるはずさ…!




名前:
コメント: