※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

予定さえも書き込めないような
小さなカレンダーを片手に
まだまだ先のことを君と
約束する自信なんてないけど

大切な日、青いペンで日付を
丸で囲んで改めて眺めた
『予定は未定』そんな言葉の元
かすれないようにそっと閉じた

そうやって、さぁ…
大事にしたい日が増えて
カレンダーが青色に染まりゆく
願いを込めた短冊のような…

未定がいっぱいつまった
この小さなカレンダーを
見つからないようにしまい込んで
大切な記念日を待つよ




名前:
コメント: