※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

不思議で哀しいこと…
繋がり合う瞬間が終われば
凍り憑いたように冷たい
君の姿…

何度同じ穴を踏めばわかるのか、
優しくされただけついて行って
後悔などしていないと
自分に言い聞かせるしかなくて…

君に逢うのが…嫌。
泣いてしまうことが目に見えて、
その涙を見せ付ける自分が嫌い。
何も想ってはいない君を傷付ける

好きにさせたのは君だから…!
この心に言わせれば罪は大きい
お願いだからもうこれからは
哀しませないで…泣きたい。

独りになってしまったのだから
君ではなく空白の時間だけを
抱き締めて胸傷めるのさ…
癒えないものだけが増えてく…




名前:
コメント: