裏切りの親友

ヒネノ 「何で俺が命を尊ぶ暗殺者(アサシン)と戦わなきゃいけないんだよ!」
タンバジ 「とやかく言わずにかかってこい。」
ヒネノ 「理由ぐらい言ってもいいんじゃないかよ。」
タンバジ 「(こぶし)で語るが早かろう。来い!!!」
ヒネノ 「ち!問答無用か!わかった!やってやるぜ!」

ヒネノ (・・・・タンバジ様。命を尊ぶ暗殺者(アサシン)の異名は伊達(だて)じゃない・・・・)
 (・・・・道具を使用した後、特性軽業(かるわざ)を活かした速攻は驚異だ・・・・)
 (・・・・でも今は俺の方が素早さが早い。俺は俺の信じる戦法で行くだけだぜ・・・・)

タンバジ 「くらえ!シャドーボーーーーール!!!」
ヒネノ 「身代わりぃ!」

ヒネノ 「うおぉぉぉぉ!!!すごい威力だ。一瞬で身代わりが消し飛んじまった!」
 「ジュエルとか使わずにこの威力かよ。さすがだな。でも何で道具使わなかったんだ?」

タンバジ 「ふっふっふ。ジュエル使用で軽業(かるわざ)発動と読んだか。」
ヒネノ 「違うのかよ!」
タンバジ 「我が特性を軽業(かるわざ)のみと思うな。」
ヒネノ 「なんだと!」
タンバジ 「新特性を試させてもらうぞ。ふっふっふっふっふ。」

ぼうっ。

ヒネノ 「何!火炎玉で自ら火傷だって!」
タンバジ 「これが私の夢特性熱暴走(ねつぼうそう)だ!」
ヒネノ 「自ら火傷を負うハンデと引き替えに特殊攻撃力が1.5倍になる特性か。だけど俺だって!」

ぼこぼこぼこぼこ。

タンバジ 「なに!毒々玉だと!」
ヒネノ 「ふふん。夢特性はあんただけの特権じゃないんだぜ!」
タンバジ 「むむ。貴様の特性はポイズンヒールか?」
ヒネノ 「ああ。そのとおりさ。毒状態である限り俺の体力は無限に回復する。さあ来いよ!」
タンバジ 「むむむ。しかし、熱暴走で威力の上がった特殊攻撃で消し飛ばすまでだ。行くぞ!シャドーボーーーール!!!」
ヒネノ 「そうは行くかよ。守る!」

タンバジ 「くっ!守ったか。しかし、次も休まず攻める!シャドーボーーーール!!!」
ヒネノ 「身代わりぃ!」

ヒネノ 「ううっ!また身代わりがふっ飛ばされた!やはり熱暴走で威力が格段に上がってやがる。」

タンバジ 「ふっふっふっふっふ。」
ヒネノ 「あれ?」
タンバジ 「降参する。私の負けだ。」
ヒネノ 「何だよ!始まったばっかりだぜ。」
タンバジ 「私は無駄な争いはせん。」
ヒネノ 「ち。何なんだよ。」
タンバジ 「この展開では私は貴様を突破することができない。それに私が貴様と(たたか)う理由がないこともわかった。」
ヒネノ 「何のことだよ?お前からケンカ売ってきたくせによ。でもまあいっか。じゃあ代わりに聞かせてくれよ。あんたが俺を襲ったわけを。」
タンバジ 「ああ教えてやろう。貴様は売られたのよ。キシュージにな。」
ヒネノ 「なんだって!ウソをつくな!」
タンバジ 「事の起りはこうだ。キシュージ粛正指令が下った。つまり・・・・・・・。」

【ここは快速軍アジト】・・・(とき)が少し(さかのぼ)ります。
カンクー 「タンバジよ。おるか?」
タンバジ 「ここに。」
カンクー 「命を尊ぶ暗殺者(アサシン)に命じる。キシュージを狩れ。」
タンバジ 「なんと!奴はあれでも快速軍幹部の一人ではありませぬか。」
カンクー 「きゃつは、もはや快速軍に不要なのだ。」
タンバジ 「どういうことでしょうか。」
カンクー 「きゃつは乱心した。」
タンバジ 「は?解せませぬな。もう少し詳しい事情をお聞かせ願いますか。」
カンクー 「うぬの目で直接確かめてこい。」
タンバジ 「と申されても・・・。」
カンクー 「きゃつは粛正と称してR団の婦女子をなぶり殺しにした。」
タンバジ 「ううむ。」
カンクー 「あまつさえ(そば)におっただけのリスですら再起不能にしてしもうたわ。非戦闘員にもかかわらずだ。」
タンバジ 「生命(いのち)を軽んじる者は斬る!」
カンクー 「キシュージを粛正するのはぬしが適任よ。行け!行って奴を斬り捨ててこい!」
タンバジ 「御意。」

タンバジ 「とういう理由(わけ)だ。」
ヒネノ 「ちょっとお前たちキシュージを誤解してるよ。」
タンバジ 「・・・・・・・・・。」
ヒネノ 「キシュージは確かに常識のない奴だったけど、そんな奴じゃない。」
タンバジ 「ふん。R団への狼藉(ろうぜき)きゃつうぬが黒幕だと抜かしおったぞ。」
ヒネノ 「なんだって!」
タンバジ 「あの腐れ外道め。友をも売る(やから)よ。」
ヒネノ 「ちょっと待ってくれよ・・・。」
タンバジ 「しかし貴様はきゃつと違う。」
ヒネノ 「きっと何かの間違いだよ・・・・。」
タンバジ 「貴様と(こぶし)を交えてわかったわ。」
ヒネノ 「・・・・・・・・・・・・。」
タンバジ 「貴様は真すぐな目をしておる。」
ヒネノ 「少し時間をくれないか?」
タンバジ 「ん?」
ヒネノ 「俺はあいつに確かめたい。あいつは親友なんだ。」
タンバジ 「ふむ。」
ヒネノ 「頼むよ。」
タンバジ 「わかった。3日(みっか)やろう。」
ヒネノ 「3日(みっか)?」
タンバジ 「3日(みっか)(あいだ)、私はきゃつに手を出さぬ。」
ヒネノ 「ありがとう!」
タンバジ 「その間、貴様の好きにするがよい。」
ヒネノ 「わかった。感謝するぜ。」

【ところ変わって】
キシュージ 「げしげし。」
 「あんなとこにいつまでも入ってられるかよ!」
 「俺は闘いの真意を忘れたR団全員を粛正してやる!げしげし。」
 「げしげし。」

<<裏切りの親友>>
(2011.5.4up byはるか♪)